胆管細胞がんとは?!

日本では、原発性肝がんの死亡者は、年間約3万4000人です。 このうち、約90%が今までお話ししてきた肝細胞がんですが、 残りの約10%は、胆管細胞がんです。 胆管細胞がんは、肝臓のなかにある胆管を形成する細胞が「がん」になったもの。 肝...

スポンサードリンク



日本では、原発性肝がんの死亡者は、年間約3万4000人です。


このうち、約90%が今までお話ししてきた肝細胞がんですが、
残りの約10%は、胆管細胞がんです。


胆管細胞がんは、肝臓のなかにある胆管を形成する細胞が「がん」になったもの。


肝細胞に比べて線維成分が多いので、がんの外観は白く硬い状態で、
肝細胞がんとは見かけだけでなく、性質や治療法も違います。


★胆管細胞がんの原因


胆管細胞がんは、B型やC型慢性肝炎から発生することもありますが、
多くの場合は、正常な肝臓の胆管細胞に発生します。

肝細胞がんのように、がんの発生を予測したり、早期発見したりすることは、
難しいとされています。


胆石や糖尿病のある人では発生頻度がやや高いと言われています。


★胆管細胞がんの症状


他の肝臓疾患と同じように、自覚症状は少ないので、早期発見は困難です。


胆管細胞がんは、進行が速いので、症状が出るときには進行していることが多く、
腫瘍の浸潤傾向が強いために、転移も起こりやすく、発見時には、
切除困難である症例も多いのが特徴です。


発生部位によって症状は異なりますが、


肝門型の場合は、がんが大きくなって、肝臓内の胆管を圧迫してふさいでしまうと、
皮膚や白眼が黄色くなったり、尿の色が茶色になる、黄疸の症状がでます。
また、発熱、腹痛、肝機能障害で発見されることが多いです。


末梢型の場合は、かなり大きくなってから、腹部の張った感じや腹部のしこり、
腹痛、腹部膨満感、肝機能障害が現れてきます。


,



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.