胆管細胞がんの検査と治療法

★胆管細胞がんの検査 肝細胞がんと同じように、画像診断として超音波検査、CT、MRI、 血管造影などを行います。 胆管を写す検査として内視鏡的胆管造影、経皮経肝胆管造影なども行います。 腫瘍の性質や広がりなどを調べることで、ほとんどの場合...

スポンサードリンク


★胆管細胞がんの検査


肝細胞がんと同じように、画像診断として超音波検査、CT、MRI、
血管造影などを行います。


胆管を写す検査として内視鏡的胆管造影、経皮経肝胆管造影なども行います。


腫瘍の性質や広がりなどを調べることで、ほとんどの場合、
肝細胞がんとの違いがわかります。


腫瘍マーカーの検査でも、肝細胞がんとは違って、
CEA(がん胎児性抗原)やCA19―9が上昇します。

(肝細胞がんでは、AFPやPIVKA-IIなどが上昇。)


★胆管細胞がんの治療法


肝細胞がんとはがん細胞の性質が違うために、
肝細胞がんのような治療法はあまり効果がありません。


1.がんが固く石のようで、アルコールが浸透しにくい。

2.動脈から多くの血液を受けてはいないので、動脈塞栓術も有効ではない。


治療法は、腫瘍を外科的に切除する(手術)が主です。
リンパ節への転移が多いので、肝臓周囲のリンパ節も摘出します。


閉塞性黄疸が起こっている状態では、黄疸を軽くするために
胆管ドレナージ(チューブを挿入して排液させること)が至急必要です。


周囲血管の門脈、肝動脈にがんがあり、がんの切除不能となった場合には、
放射線や抗がん剤の治療、化学療法を行います。


★定期検診のすすめ


肝臓は痛みを感じにくいため、早期に自分で病気に気づくことはまれです。
現状では、定期的に肝臓がチェックされていることはあまりありません。


ですから、肝細胞がんが、小さくて浸潤もなくの無症状の早期状態で見つかる場合は、
ほとんどが偶然です。


何度も言っていますが、肝臓はよほどのダメージを受けなければ、
自覚症状はでません。


定期的に健康診断などで、肝機能検査を受けましょう。


なんらかの異常が見つかった場合には、
消化器の専門医の診察を受けることをオススメします。


,



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.