正常値の落とし穴で手遅れに?!

Mさんから質問がありました。 *:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:* 肝機能検査で、 GPTが125、GOT が82と、異常な数値で報告が返ってきました。 γーGTPは 36...

スポンサードリンク



Mさんから質問がありました。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*


肝機能検査で、

GPTが125、GOT が82と、異常な数値で報告が返ってきました。
γーGTPは 36と、以前より少し高めですが、正常値です。

どのような症状なのでしょうか?


ということで、最近の記録も添付してくださいました。


      H19/10/2   6/5   H18/10/14   7/3  3/22
 GPT    125     34      17       11   11
GOT    82   27   18  12   14
γーGTP    36    25   21   22   25

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

病気を特定するには、いろんな検査を組み合わせて診断されますので、
このデータだけでは判断できません。参考としてください。


まず、GPT、GOTに関してですが、
検査方法によっても多少差が出ますが、目安として、


A 異常なし    35以下
B 軽度異常   36〜45
C 要経過監察 46〜50
D 要医療    50以上

軽度の上昇   100以下
中等度の上昇  100〜500
高度の上昇   500以上 

となっています。


過去の検査結果からみると、GPT、GOTは、
H18/10/14 から少し上昇傾向が見られます。


そして、注目すべきは、6/5のデータです。

確かに、「Aの異常なし」のぎりぎり上限なのですが、
それまでの結果よりも倍のデータになっているのがわかりますね。


Mさんは、正常範囲なので大丈夫と判断されたのでしょうが、
この時点で、肝臓はかなりダメージを受けていたはずなのです。


そのまま半年間、放置していたので検査データが急上昇したのでしょう。


γーGTP の結果も同じです。


「γーGTPは 36と、以前より少し高めですが、正常値。」

と書かれていますが、これはMさんにとっての正常値ではありません。
昨年から比べれば、倍になってきているのですから異常値なんです。


数値が上昇してきているけど、正常範囲内だから大丈夫!ではないということです。

無料レポートにもまとめていますが、これが、正常値の落とし穴なんです。


  【無料レポート】
    血液検査表の正しい使い方〜基準値の落とし穴〜
      http://ketsueki.doremi3.com/2010/11/post_208.html

ここでいう「正常値」とは、「平均値」なんです!!


人はそれぞれ、個体差があります。
身体の大きさも、背の高さも、性格もすべてにおいてです。
それと同様に、血液成分にも個体差があるのです。


新しい検査方法を採用するときに、健康と思われるたくさんの人のデータを取ります。
そして、その相関図から、正常値を導きだすのです。


検査方法、検査場所によっても正常値は変化します。


だから、検査結果が、正常値の範囲内にあるからといって、
その人にとって、異常でないとは言い切れません!!


 
特に、肝臓は沈黙の臓器です。
自覚症状はかなり症状が進んでからでないと出ません。


Mさんは、献血をされて、年に数回、血液検査を受けておられたから、
今回の数値の上昇に気づくことができました。


単発的な血液検査では、比較が出来ません。
正常値は、健康とされている人の平均値だということを覚えていてください。


定期的な健康診断をうけ、自分の正常値を知ることはとても重要だということを
もっと多くの人に知って欲しいと思います。


定期的に健康診断を受けましょう!


健康診断の必要性について


忙しい方には!!
   自宅で簡単!健康診断



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.