胆嚢(胆のう)の位置と働き

胆嚢(胆のう)は肝臓に繋がっている臓器です。胆のうの位置、働き、胆汁の成分と働きについて紹介します。

スポンサードリンク


胆嚢(胆のう)とは


「肝臓」に繋がっている臓器として、胆のうがあります。

「胆石ができると痛くなる」などとよく言われていますが、昔は余り多くなかったけれども、食生活の欧米化により増えてきているそうです。胆のうや胆汁について知ることは大切です。

胆のうの位置


胆のう

胆のうはふかみどり色をした、長さ7-8cmで幅2-3cnの「なすび」のような形をした袋です。

肝臓の下面にあって、肝臓から十二指腸につながっている胆管につながっています。


胆のうの働き


肝細胞でつくられた消化液の一種である胆汁は、胆管を通って十二指腸に運ばれます。


その途中で、胆のう管を通って胆のうに運ばれ、5〜10倍の濃さに濃縮され貯えられています。胆のうの袋の壁は薄い筋肉がついていて、必要なときに収縮します。


脂肪の多い食事が十二指腸に入ってくると、胆のうはホルモンの刺激を受けて収縮して、胆のう管から総胆管へ胆汁を送り出し、脂肪分の消化を助けるのです。


胆汁の成分と働き


胆汁は肝臓で作られますが、97%は水です。そのほかには、胆汁酸、ビリルビン(胆汁色素)、コレステロールなどが含まれますが、消化酵素は含まれていません。


胆汁酸の働きは、脂肪を乳化し、消化・吸収させやすい形に変化させます。こうすると、膵臓から分泌される膵液に含まれる脂肪を 分解する酵素「リパ−ゼ」が効きやすくなります。なぜなら、リパ−ゼは水に溶けている酵素だからです。


また、水に溶けない脂溶性ビタミンの吸収を助けます。排出された胆汁の大部分は小腸から吸収されて、他の吸収された栄養分と一緒に血管を通って肝臓に戻り、再利用されます。これを「腸肝循環」と言います。


★★★★

口呼吸は口臭の原因



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.