胆石の原因と種類、成分

胆石症で胆石を作る原因成分。胆石ができる場所、胆石の症状について紹介します。

スポンサードリンク


胆石の原因と種類

胆石の成分には色々な種類があります。

●コレステロールを主成分にするもの、

コレステロール石
混合石

●色素を主成分にするもの、

ビリルビンカルシウム石
黒色石 

●カルシウムの沈着を伴うもの

脂肪酸カルシウム石
炭酸カルシウム石




スポンサードリンク

胆石の数

胆石の数も胆のう内に1個だけあるものから、小さいものが100個以上もあるものまでこれも様々です。

また、胆石は、胆のうの中だけでなく、肝臓内の総胆管にも認められる場合もあります。(総胆管結石)。

胆石の症状

胆のうは肝臓で作られる胆汁を濃縮して食事による刺激が来ると収縮して消化管の中に放出します。

もし、このとき胆汁の通り道に石が詰まったりすると、胆汁が排泄されなくなり、右上腹部に激烈な痛みを生じるのです。

しかし、胆石を持っている人でも症状がないこともあり、検査をして初めて見つかることも少なくないのです。

★★★★
★★★★
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.