胆石が胆のうがんになる割合は?

胆石と胆のうがんの関係についてですが、胆石を持っている人は、 持っていない人よりも、胆のうがんになる確立が高いと言われています。 ★胆のうがんの原因 胆のうがんの原因は、3つあると考えられています。 1.胆石症 胆石の炎症を繰り返し起こ...

スポンサードリンク


胆石と胆のうがんの関係についてですが、胆石を持っている人は、
持っていない人よりも、胆のうがんになる確立が高いと言われています。


★胆のうがんの原因


胆のうがんの原因は、3つあると考えられています。


1.胆石症

胆石の炎症を繰り返し起こすことで、粘膜が傷つけられて、
がんができる可能性が高くなります。

2.胆管膵管合流異常

膵管は、十二指腸乳頭の直前で総胆管に合流しています。
ところが、胆管の途中で膵管が合流している人がいます。
このような人の場合、膵液が逆流して胆のうに入り、胆のうを刺激
して癌をつくることがあると言われています。

3.胆のう腺腫(せんしゅ)

胆のう腺腫は良性の腫瘍なのですが、
まれに、悪性化してがんになることもあります。




スポンサードリンク

★胆石を持っている人が胆のうがんになる確率


胆石を持っている人が、胆のうがんになる割合は、1.1%なので、
必ずしも高くはありません。


ところが、胆のうがんのひとが、胆石をもっている割合となると、
50〜70%とかなり高い割合になっているのです。


いろんな調査を行った結果でも、胆石をもっている人が、胆のうがんになる確立は、
胆石をもたない人よりも、約10倍!!高いということがわかりました。


特に、胆石のなかで約70%を占めている、コレステロール系の結石は、大きさが3cmを超えるような大きい石になると、がんになる危険性はさらに高くなると言われています。


胆石があっても、痛みを感じる人は2割と低いのです。
胆石の可能性がある人は、一度、専門医に相談されることをおすすめします。

胆石になりやすいタイプは「4つのF」?:血液の話Q&A

.

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.