胆石症で気をつけたい食事?!

胆石の痛みは食事に左右されます。胆石症で気を付けたいのは規則正しい生活習慣と食生活です。食物繊維、良質なタンパク質、ビタミンの豊富な食事を心がけましょう。

スポンサードリンク


胆石の痛みは食事に左右されると言われています。


食事時間が不規則になると、胆のうから胆汁が出されるのも不規則になるため、
胆汁がたまって、あの疝痛発作を起こしやすくなるのです。


食事は規則正しく、胆のうにやさしい食生活を送りましょう。


胆石症で気を付けたい食事


1.食事はよく噛んで食べること。

食物はゆっくりとよく噛みましょう。早食いは、食べ過ぎの傾向になりがちで、
コレステロールや脂肪分を多く摂ることになってしまいます。


2.コレステロールや脂質を控える

コレステロールや脂質を多く摂ると胆汁が必要以上に排出されるので
意識して摂らないようにしましょう。

※食べない方がいい食べ物(脂肪分の多い食べ物)

   卵黄、牛・豚肉、ソーセージ、サバ、マグロ、うなぎ、
   マーガリン、マヨネーズ、落花生、天ぷらなど。


3.良質タンパクを多くとる

魚介類に豊富に含まれるタウリンは、コレステロールでできた胆石が
大きくなるのを抑えることができます


4.食物繊維の多い食事

食物繊維はコレステロールを阻害する働きがあります。
食物繊維を摂ることで便秘を防げます。便秘で腸の内圧上がると
疝痛発作の原因となることもありますので、十分な食物繊維を摂りましょう。


5.ビタミンCとEの多い食事

ビタミンCとEは、胆汁酸の排泄を増加する働きがあります。
胆石の予防作用もあるので、ビタミンCとEの入った野菜類や果物などを
取るように心がけましょう。豆類もいいです。


規則正しい生活習慣と食生活。
肥満しないために適度な運動が胆のうのためにも最適なんですね。


胆石症の人のための献立

下記を参考にどうぞ!!

★★★★


スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.