すい臓の病気の特徴

すい臓も肝臓と同じくとても我慢強い臓器で70〜80%のダメージを受けないと腹痛とか脂肪性下痢といった自覚症状が現れません。早期発見が困難な病気です。

スポンサードリンク


すい臓には食物の消化や血糖コントロールなど、生命維持に大切な役割があります。それだけに、すい臓が悪くなると身体に大きなダメージがあります。


すい臓の病気の特徴


すい臓には、非常にたくさんの神経や血管が集まっていて、すい臓の活発な活動エネルギーを供給しています。ところが、すい臓が病気になると、これらがマイナスに働いてしまうのです。


すい臓が炎症を起こせば出血しやすく、がんなどの場合には、張り巡らされた血管を介して遠隔転移しやすい状態になってしまいます。


ところが、すい臓も肝臓と同じくとても我慢強い臓器です。70〜80%のダメージを受けないと腹痛とか脂肪性下痢といった自覚症状が現れてこないのです。体の奥深く、他の臓器に囲まれた場所にあることも、病気発見に困難さを増しています。


そのため、すい臓の病気の発生率はそれほど高くはないのですが、いったん発病してしまうと慢性化や手遅れになってしまうやっかいな病気なのです。


    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ クリックすると拡大されます。

★★★★★


すい臓の主な病気


すい臓の病気には大きく分けると3種類の病気があります。

  1. 外分泌系の病気

    すい臓炎(急性、慢性)、すい臓がん など

  2. 内分泌系の病気

    糖尿病 など

  3. 自立神経系の病気

    メニエル氏病 など




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.