慢性すい炎の検査とは?

メルマガ読者のHさんから、慢性すい炎の検査についての質問がありました。 *********************************** 今回は慢性膵炎のお話でしたが、私は毎年一般血液検査と、糖尿病の血液検査を 行っていますが、この...

スポンサードリンク


メルマガ読者のHさんから、慢性すい炎の検査についての質問がありました。

***********************************

今回は慢性膵炎のお話でしたが、私は毎年一般血液検査と、糖尿病の血液検査を
行っていますが、この二つの検査に多少なりとも数値に現れるものなのでしょうか。
もし数値に少しでも現れるものがあったら、是非その時は、血液検査表の数値のことも
絡めて教えて頂けると有難いです。

***********************************


慢性すい炎の検査にはどのような検査があるか調べてみました。


慢性すい炎の検査には、血液・尿・腹部X腺検査・超音波検査(エコー検査)
CT検査などがあります。


慢性すい炎の場合の診断に役立つ検査として、血液、尿中のアミラーゼ値の上昇があります。


★アミラーゼ


アミラーゼとは、唾液腺やすい臓から出る消化酵素で、デンプンなどを分解します。


アミラーゼは、主にすい臓と唾液腺から出されますが、タイプがちがうので、
くわしく調べればどちらから出されたものかがわかります。


膵型は、P型。唾液腺型は、S型とも呼ばれています。
一般に、血清ではS型が多く、尿では、P型が多くなります。


 ●アミラーゼの値が上がった場合には膵炎を疑う


血液中のアミラーゼの値が異常を示す場合には、どちらのアミラーゼの値が
異状になのかによって、疑われる疾患が異なってきます。


ただ、唾液腺のアミラーゼが上がる疾患は珍しく、あまりありません。
ですから、アミラーゼの値が上がる主な疾患はすい炎だと疑ってもいいでしょう。


 ●アミラーゼの検査方法


アミラーゼの検査法には、ブルースターチ法、酵素法、キャラウェイ法など数種類あり、
検査方法によって、基準値が異なっています。
最近では、酵素法が主流のようですが、検査機関でお確かめください。


酵素法のアミラーゼの基準値は以下の通りです。


血清アミラーゼ(60〜250IU/リットル)尿アミラーゼ(100〜1000IU/リットル) 


アミラーゼ値は、肥満や薬、飲酒によっても変動がありますので、
異常値が出た場合は、時間を追って検査する必要があります。
境界型は、基準値の上下20%とされています。


膵炎の診断としてのアミラーゼ値の検査結果は、必ずしも症状とは一致しないこともあり、
診断のきっかけとはなりますが、確診できるほどのものではないとのことです。




スポンサードリンク

★血糖値


すい臓から分泌される血糖値を下げるホルモン、インスリンが減ってくると、
血糖のコントロールができなくなり、血液に含まれるブドウ糖が増えます。

しかし、血糖値が上昇するのは、インスリン分泌の減少で起こる(1型)ではなく、
暴飲暴食によるもの(2型)が、全体の95%を占めています。


1型と2型とでは、治療法が異なりますので、血糖値が上昇している場合には、
どのタイプかを知るために、ブドウ糖負荷試験や、インスリン分泌検査を行います。


また、血糖コントロールを調べるために、「HbA1c」(グリコヘモグロビン)の
検査を行って、過去1〜2ヶ月の血糖コントロールの状態をみます。


慢性すい炎の診断には、血液検査の結果だけでなく、腹部X腺検査、
超音波検査(エコー検査)、CT検査などで、すい臓の状態を調べることが必要です。


慢性すい炎は自覚症状がわかりにくい病気なので、他の病気、たとえば、
胃ガンや胆嚢の検査の時に、偶然、慢性すい炎が見つかることも多いようです。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.