すい臓がん(膵臓癌)の症状とは?

すい臓がんの自覚症状は早期ではほとんどありません。すい臓がん特有の症状がないため、他の病気の検査の時に見つかることがよくあります。

スポンサードリンク


早期のすい臓がんは特徴的な症状はほとんどありません。症状がほとんどないというのは、症状があったとしてもお腹の痛みだったり、食欲がないなどの漫然としたもので、すい臓がんだけの特徴的な症状ではないからです。


しかし、すい臓がんが進行してくると、いろんな症状がでてきます。


体重が減る

すい臓がんが進行してくると、体重が急激に減ってきます。体重が減るのは、食物を分解して、吸収し栄養となるのに必要な消化酵素を含んだすい液が出せなくなることで消化不良を起こし、下痢をするためにおこる症状です。 すい臓病特有の下痢をすることから、すい臓がんが発見されることがあります。


背中や腹、みぞおちの痛み


すい臓がんが進行してくると、背中の痛みや腹部の腫れ、みぞおちの辺りに痛みが出てくるようになります。この痛みは、がんが周囲の神経に浸潤した場合や、すい臓に炎症が起きた場合、また肝臓が腫れる場合などに起こるようです。




スポンサードリンク

吐血や下血

すい臓がんが大きくなって、周囲の臓器に広がり、胃や十二指腸に浸潤した場合には、食物の通りが悪くなったり、出血するので、吐血や下血が起こることもあります。 吐血や下血をしたため、胃や腸の検査をしていて、すい臓がんが発見されることもあります。


黄疸が出る

すい臓がんで一番多い膵頭部のがんの場合には、がんによって胆管が詰まり、黄疸が出て、白目や手足などが黄色くなることがあります。 黄疸になる前には、まず、尿が赤くなり、黄疸になると、身体のかゆみやの色が濃くなったり、胆汁が十二指腸に流れなくなるため便が白くなります。黄疸が出ることで、胆管系の病気の検査を行い、すい臓がんが発見されることがあります。


血糖値が高くなる


すい臓は血糖をコントロールするホルモンを分泌しているので、すい臓がんになると血糖値のコントロールができなくなって、突然、糖尿病になってしまったり、すでに、糖尿病の人は、状態が急に悪化することがあります。血糖値のコントロールができなくなったことからすい臓がんが発見されることもあります。


★★★★
★★★★


この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.