すい臓がん(膵臓癌)の画像検査とは?

すい臓がんは症状が現れにくいので、発見がなかなか難しいとお話ししてきました。 それに加えて、すい臓がんは、胃がんや大腸がんなどのように消化管の内側にできる がんではないので、内視鏡で直接にがんを見つけることができないのです。 また、しみこ...

スポンサードリンク


すい臓がんは症状が現れにくいので、発見がなかなか難しいとお話ししてきました。


それに加えて、すい臓がんは、胃がんや大腸がんなどのように消化管の内側にできる
がんではないので、内視鏡で直接にがんを見つけることができないのです。


また、しみこむように拡がる(浸潤)性質のために、正常な細胞とがん細胞との境目が
はっきりしていないので、画像検査でも見つけるのが難しいのです。


すい臓がんが疑われるときに、行う検査としては、画像検査と、血液検査があります。


【画像検査】


1.超音波検査


すい臓がんの検査として最初に行われる検査は、超音波診断(腹部エコー)の検査査です。

超音波検査は人体に害が無いので、何度でも繰り返して行うことが出来るので、
患者さんへの負担が少ない検査です。

超音波検査では、膵頭部と膵尾部の一部が見えにくいという欠点がありますが、
がんが2cm以上であれば発見される可能性が高くなります。


2.CT検査

CTスキャンの検査は、X線を用いていろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影し、
コンピュータで鮮明な画像を見るができるので、超音波検査で調べきれなかった場合でも
すい臓がんを発見できる事があります。

ただし、X線を使用しているので、頻繁には検査を行えません。


3.MRCP検査(磁気共鳴胆管膵管造影)


MRCP検査は核磁気共鳴画像(MRI)を応用した検査のため、X線の被爆がないので
繰り返し検査が可能ですので、設備が整った病院では多く使われています。


MRCP検査は胆のうの検査の時にも使われる検査です。
胆管と膵管の造影ができるので、狭窄や閉塞などの症状がでているときには、
すい臓がんを発見できる可能性が高くなります。




スポンサードリンク

4.内視鏡的逆行性胆管膵管造影−ERCP検査

ERCP検査は、内視鏡を使った検査です。

内視鏡を十二指腸まで挿入し、胆管と膵管の共通な出口になっている十二指腸乳頭に細い管を差し込んで造影剤を入れ胆管と膵管に造影剤を入れてX線撮影をします。

ERCP検査は、MRCPの検査よりも鮮明な画像を得ることができますが、内視鏡を直接挿入するため、膵炎などの合併症が起こる可能性があるので、技術的に難しい検査です。

ERCP検査は、内視鏡やX線を使用しているため、患者さんへの負担が大きいので、
最近はMRCP検査が行われることが多くなっています。

ERCP検査は、膵液や胆汁を直接採取できるので、細胞診や遺伝子異常を調べることができます。
この検査はすい臓がんの精密検査として行われます。


5.血管造影検査

血管造影検査は、足の付け根の動脈から細い管(カテーテル)を挿入して造影剤を注入し、
すい臓につながる血管を映しだす検査です。

全身麻酔をして行う検査のため、患者さんへの負担が大きい検査です。

すい臓の血管の状態や血流の状態を見ることできるので、すい臓がんの診断やがんの拡がり具合を判断することができます。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.