すい臓がんの腫瘍マーカーを調べる検査とは?

がん(腫瘍)は、体内の細胞の一部が突然異常分裂をおこし、異常に増殖する病気です。 体内にがんができると、健康時にはほとんどなかった特殊なタンパク質や酵素、 ホルモンなどが血液中や尿中で増えることがあります。 このがん細胞が生み出してくる特...

スポンサードリンク


がん(腫瘍)は、体内の細胞の一部が突然異常分裂をおこし、異常に増殖する病気です。


体内にがんができると、健康時にはほとんどなかった特殊なタンパク質や酵素、
ホルモンなどが血液中や尿中で増えることがあります。


このがん細胞が生み出してくる特殊な物質のことが腫瘍マーカーです。
それぞれの臓器によって腫瘍マーカーが異なります。


腫瘍マーカーには、臓器特有のものと特有でないものがあります。
臓器特有のものでも、100%ではなく可能性が高いということです。

すい臓がんの腫瘍マーカーとして検査されるのは、


1.CA19-9      基準値 37 U/ml以下

CA19-9は、優れた腫瘍マーカーで、臨床的評価が確立しているため、最もよく測定される腫瘍マーカーの一つです。

CA19-9はすい臓がんや胆道がんなどの各種類の消化器がん患者の血液中に高頻度、高濃度に検出されます。

肝硬変や肝炎、慢性すい炎、胆石などの病気でもCA19-9が増加する場合がありますが、比較的低い上昇です。

2.CEA        基準値 5.0ng/ml以下

CEAは大腸がんなどの消化器がん、すい臓がん、肺がんなどのさまざまな臓器由来のがんに幅広く検出されるので、診断補助や術後・治療後の経過観察の指標として有用性が認められている腫瘍マーカーです。

3.Dupan-2    基準値 150U/ml以下


DUPAN-2は、すい臓がん、肝・胆道がんに高い陽性率を示すので、これらの疾患の診断補助や術後・治療後の経過観察に有用な指標とされている腫瘍マーカーです。



スポンサードリンク

腫瘍マーカーの測定結果が高いだけで、診断するのではなく、その病気に可能性のある腫瘍マーカーを組み合わせて、がんの診断の手がかりとしているのです。


腫瘍マーカーを調べることは、がんの早期発見に役立つスクリーニング検査として使われています。
また、腫瘍マーカーの検査は、がんの手術後の経過観察や再発、転移などの発見にも有効な検査です。


この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.