すい臓がんの治療法は?

すい臓がん(膵臓癌)の治療法には外科治療、化学療法、放射線治療の3つの治療法があります。 患者さんのすい臓がんの状態に合わせた治療を行うために、これらの3つの治療を、単独で、または幾つかの治療を組み合わせます。 1.外科的治療 外科治療と...

スポンサードリンク


すい臓がん(膵臓癌)の治療法には外科治療、化学療法、放射線治療の3つの治療法があります。

患者さんのすい臓がんの状態に合わせた治療を行うために、これらの3つの治療を、単独で、または幾つかの治療を組み合わせます。

1.外科的治療

外科治療というのは、手術によってがんを切除するのですが、すい臓がんの場合には、これまで述べてきたように診断された時にはかなり進行していることが多いので、手術でがんをすべて切除できる確率はたいへん低いです。


2.化学療法

化学療法というのは、抗がん剤を投与してがん細胞を殺す治療法です。


3.放射線治療

放射線治療というのは、がんの病巣に放射線を照射してがん細胞を殺す治療法です。体外から照射する外部照射と手術時に行う術中(開創)照射の2つの方法があります。




スポンサードリンク

すい臓がんの場合は、放射線療法や化学療法が効きにくいがんにため、これらの治療でがんが治ることはありませんが、痛みを取ることには有効です。


放射線療法や抗がん剤を使う化学療法では白血球が減少して免疫力が低下することが起こりやすいため、身体を清潔に保つことや、規則正しい生活を送り、免疫力を賦活させることが大切です。


今のところ、すい臓がんは手術以外に確立された治療法がないのが現状なのです。


3つの治療方法以外にも、すい臓がんの状態によっては、直接すい臓がんの治療をしないで、黄疸や疼痛などの症状を和らげる対症療法を選択される場合もあります。


難病であるすい臓がんの治療にあたっては、医師によって見解や治療方針が異なることが多くあります。治療についての十分な説明を受けること、また、複数の医師の意見を聞くこともとても大切なことです。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.