糖尿病、予備群含め1870万人に!

糖尿病、予備群含め1870万人になったという厚生労働省の発表がありましたね。 前回、4年前の調査に比較して250万人も増えているとのことです。

スポンサードリンク


糖尿病、予備群含め1870万人に

糖尿病、予備群含め1870万人になったという厚生労働省の発表がありましたね。前回、4年前の調査に比較して250万人も増えているとのことです。

2008年5月1日朝日新聞によると、

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*

糖尿病、予備群含め1870万人 4年で250万人増

 厚生労働省が30日に公表した06年の国民健康・栄養調査で、糖尿病患者やその予備群と推定される人数は1870万人と、02年の前回調査に比べ250万人増えていることがわかった。運動不足や食生活など生活習慣の乱れが要因とみられる。

 20歳以上の成人について、血液検査で血糖値の傾向を測る「ヘモグロビンA1c」の数値で判定した。6.1%以上で「糖尿病が強く疑われる人」は約820万人。5.6%以上6.1%未満の「可能性が否定できない人」約1050万人とあわせると計1870万人。02年の1620万人から15%増えていた。97年の1370万人と比べると36%増。

 食生活では、97年の調査と比べ、各年代とも午後7〜8時に食べる比率が減り、午後9時以降に食べる割合が増えた。特に40代男性は、34.7%と13.2ポイントも上がった。また、日常生活で体を動かすことを「実行していない」と回答したのは、20〜50代男性、20〜40代女性で、それぞれ4割以上だった。 一方、腹囲や高血圧、脂質代謝異常などから判定するメタボリック症候群は40〜74歳で調査。予備群を含め1940万人と05年調査とほぼ横ばいだった。男性は2人に1人、女性は5人に1人の割合という。

 厚労省は糖尿病の増加について、「高齢化のほか様々な要因が考えられるが、運動不足や食生活の乱れと、何らかの関係はあるだろう」としている。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*




スポンサードリンク

この調査は約4年ごとに実施しているもので、今回の発表は2年前、平成18年に調査したものです。血液検査で血糖値の傾向を測る「ヘモグロビンA1c」の数値で判定。

糖尿病と、糖尿病と疑われる人(予備軍)の数がどのくらい増加しているか、過去のデータを調べてみました。

実施年 糖尿病 予備軍  合計
(平成)
9年   690万人 680万人 1370万人
14年  740万人 880万人 1620万人
18年  820万人 1050万人 1870万人

どうですか?すごい伸びでしょう?この伸びでいくと、次回検査時には、2000万人を越えていることになりそうです。厚労省でなくても、この統計をみれば、何とか糖尿病を予防しなければと思うのではないでしょうか?原因は、食生活の乱れと運動不足との推測。

糖尿病になってしまってからでは、遅いのです。糖尿病は多くの合併症を引き起こす怖い病気です!

 糖尿病の合併症
 
まだ、予備軍と言われているうちに、あなたの食生活と生活習慣を改善し、運動不足を解消しましょう!

中高年のための「体を動かす」簡単運動メニュー
専門医がやさしく教える血糖値&糖尿病

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.