脾腫の治療

脾腫の治療としては、まず、脾腫の原因となった病気がわかれば、その病気を治療します。しかし、貧血がひどかったり脾腫から出血がおきている場合などは、手術で脾臓を摘出することもあります。また、手術の代わりに、放射線療法を行って脾臓を小さくする方法がとられることもあります。

スポンサードリンク


脾腫の治療としては、まず、脾腫の原因となった病気がわかれば、その病気を治療します。

しかし、貧血がひどかったり脾腫から出血がおきている場合などは、手術で脾臓を摘出することもあります。また、手術の代わりに、放射線療法を行って脾臓を小さくする方法がとられることもあります。




スポンサードリンク

脾臓はなくても大丈夫?

脾臓の主な働きは命に直接関わっている臓器ではなくピンチヒッターのようなものですから、たとえ、脾臓がなくても、人間は生きていくことができます。

脾臓の摘出によって失われた機能は、肝臓など他の臓器の感染防御力や、赤血球の状態を監視して、異常な赤血球や古くなったり傷ついたりした赤血球を除去する能力が高まることによって補われることがわかっています。

しかし、脾臓も身体にとっては大切な臓器です。脾臓を摘出すると、感染を防御する抗体をつくる能力や、血液から微生物を取り除く能力などが失われるため、免疫力や感染防御力が低下して、感染を起こしやすくなるなどのリスクは生じます。


中性脂肪を減らす運動
中性脂肪を減らすアロマテラピー
中性脂肪 サプリメント


この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.