心臓の構造

心臓は4つの弁を持っていますが、その目的は血液の逆流を防止するためです。心臓の弁は右心房と右心室、右心室と肺動脈、左心房と左心室、左心室と大動脈の間にあります。

スポンサードリンク


心臓の構造

心臓には収縮して心臓内の血液を動脈中に押し出し、拡張して静脈から血液を受け入れる役割があります。そのために心臓には心室と心房があります。

心室とは、収縮して血液を心臓外に拍出する器官です。心房とは、心室の上部にあり、心室に入る前の血液を貯めておいて、心室へ血液を送り込む器官です。人の心臓の構造は4つの部屋に分けられています。

右心房、右心室・・・静脈血
左心房、左心室・・・動脈血

心臓の構造の図
心臓の心房、心室 4つの弁



スポンサードリンク

心臓の弁

心臓は4つの弁を持っていますが、その目的は血液の逆流を防止するためです。心臓の弁は右心房と右心室、右心室と肺動脈、左心房と左心室、左心室と大動脈の間にあります。

1.三尖弁

三尖弁は右心房と右心室の間にある弁です。
三尖弁は、右心房の収縮時に開いて右心房から右心室へと血液を送り込み、右心室が収縮すると時には閉じて右心室から右心房へと血液が逆流しないように働いています。
三尖弁は、前尖、中隔尖、後尖と呼ばれる三つの弁尖から出来ています。

2.肺動脈弁

肺動脈弁は、心臓の右心室から肺動脈への血液の流出路にある弁です。

肺動脈弁は、右心室が収縮すると同時に開いて血液を肺動脈へ送り出し、右心室が拡張すると同時に閉じて血液の逆流を防止している。
肺動脈弁は、前尖、左尖、右尖と呼ばれる三つの弁尖から成っている。

3.僧帽弁

僧帽弁は、左心房の収縮時に開いて、左心房からの血液を左心室へ流入させ、左心室が収縮する時には閉じて、左心室から左心房への血液の逆流を防いでいます。
僧帽弁の名前の由来は形状がカトリックの司教冠に似ているとして命名されました。他の弁が3つの弁尖からなっているのに、この僧帽弁は2つの弁尖からなっています。

4.大動脈弁

心臓の左心室から大動脈への血液の流出路にある弁です。
大動脈弁は、左心室の収縮時に開いて血液を大動脈へ送り出し、左心室が拡張する時に閉じて血液の逆流を防止する働きがあります。

大動脈弁は、右冠尖、左冠尖、無冠尖と呼ばれる三つの弁尖があり、右冠尖は右冠動脈を、左冠尖は左冠動脈を出していますが、無冠尖は冠動脈を出していません。

hito5
血液の流れの図
血液の循環 動脈と静脈<br />

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.