心臓の冠動脈

心臓は常動いているため、脳と並んで、人体の中でも最も酸素の需要が激しい臓器です。心臓が休みなく働くためには、心臓の筋肉へどんどん栄養と酸素が送られなければなりません。心臓の筋肉「心筋」に栄養と酸素を送る血管が「冠動脈」です。 冠動脈は右冠動...

スポンサードリンク


心臓は常動いているため、脳と並んで、人体の中でも最も酸素の需要が激しい臓器です。心臓が休みなく働くためには、心臓の筋肉へどんどん栄養と酸素が送られなければなりません。心臓の筋肉「心筋」に栄養と酸素を送る血管が「冠動脈」です。


冠動脈は右冠動脈と左冠動脈の二本があります。しかし左冠動脈はすぐに前下行枝と回旋枝と呼ばれる二本に大きく分かれます。


右冠状動脈は洞房結節、房室結節、右心室、心臓の後壁および下壁を流れています。
左冠状動脈の前下行枝は心室中隔、心臓の前壁、心尖部を流れています。
左冠状動脈の回旋枝は心臓の左側壁、左後壁を流れています。


これらの冠動脈はそれぞれ右心房心室側、左心房心室側で、細かく分岐しながら網目状になって心臓全体に広がっています。


心臓の冠動脈



スポンサードリンク

普通、動脈は心臓が収縮したときに血液が流れますが、冠状動脈は、他の動脈と違い、心臓の収縮で血流は減少し、拡張したときに血流が流れます。


また、冠動脈は非常に動脈硬化が起こりやすいと言われています。冠状動脈が動脈硬化を起こすと血管内が狭くなったり詰まったりして血流が悪くなり、狭心症や心筋梗塞の原因となるのです。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.