心臓神経症の原因と症状

心臓神経症は神経循環無力症、不安神経症、パニック障害ともいわれる病気です。心臓神経症のストレス、過労などの主な原因、胸痛などの症状について紹介します。

スポンサードリンク


心臓神経症は胸痛を起こす心臓由来の疾患です。


調べていると、一口に胸痛と言ってもいろんなタイプがあることがわかりました。


これまでにお話ししてきた、狭心症、心筋梗塞、大動脈解離、心膜炎は心臓やその周辺の血管などに炎症や障害が起こったときに痛みを起こす病気で、早急な治療が必要なものが多かったのです。


ところが、胸痛、動悸、息切れ、呼吸困難、めまいなど、心臓の病気のような症状があるにもかかわらず、心臓や血管の検査しても何も異常が見つからないことがあります。


この場合は心臓神経症の可能性が高いです。心臓神経症とは、心臓自体の病気ではなく「心の病気」と言った方がいいかもしれません。


心臓神経症は神経循環無力症、不安神経症、パニック障害ともいわれる病気です。  


★★★★★
★★★★
★★★★★
★★★★★

心臓神経症の原因


心臓神経症の主な原因としては、ストレス、過労、また、心臓病に対する不安などがあげられます。


もともと神経質だったり、神経症的な性格の人が、過労、ストレス、身近な人の急死、心臓病の誤った知識などがきっかけとなって、「心臓病ではないか」という不安・恐れが大きくなってきたときに起こると考えられています。


このストレス、過労、また不安感などは自律神経の交感神経を刺激し心臓のはたらきを活発します。心拍数が増え、動悸を強く感じたりするため、心臓病ではないかという不安が大きくなり、ますます、動機、息切れを起こす悪循環になるのです。


それが頻繁になると、胸痛、呼吸困難、めまいなどの全身症状を感じるようになってしまうのです。




スポンサードリンク

心臓神経症の胸痛


心臓神経症になると、胸痛、動悸、息切れ、呼吸困難、めまいなどの症状が現れます。


心臓神経症の胸痛は狭心症の症状と似ています。


  狭心症の胸痛の特徴
  

しかし、狭心症の痛みとは違う点もあります。


1.心臓神経症の胸痛はズキズキ、チクチクと言うような痛み。

2.痛む場所がごく狭い範囲に限られ、手で押さえると痛みが強くなる。

3.安静時、独りでいるときに痛むことが多く、運動や興奮しているときではない。

4.痛みが長い時は1日中続くこともある。


胸痛がある場合には、素人判断して思い詰めることはよくありません。
かかりつけの医師に、胸痛が起こる状況を説明して相談してください。


現代の日常生活は、心理・社会的ストレス、過労、睡眠不足や生活リズムの乱れが起こりやすい状態に常にさらされています。


特に、忙しい時には、動悸、息切れ、胸痛などの症状が起こりやすいので、普段からの健康管理に気をつけましょう。



この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.