食道炎(胃食道逆流症)の原因と症状

食道炎は胃液が逆流することによって起こる食道の炎症で、胃食道逆流症とも言います。胸やけやげっぷ、胸痛などの症状、胃液の逆流の原因、予防について紹介します。

スポンサードリンク


食道炎(胃食道逆流症)の症状

主な症状は「むねやけ」と「げっぷ」です。胸のほぼ中央を通っている食道が胃液で焼けるので、胸がじりじりと熱く時に苦しく感じます。この痛みは狭心症や心筋梗塞の症状と区別ができません。症状だけでは医師でも見分けるのが難しいそうです。

胃液の逆流は横になった時に起こりやすいので、寝ているときのほうが起こりやすいようです。また、喘息様症状、咽頭痛、嗄声(声がれ)、耳痛など症状は様々あるため、耳鼻科や呼吸器科などを受診する人も多いようです。



スポンサードリンク

食道炎(胃食道逆流症)の原因

食道炎は胃液が逆流することによって起こる食道の炎症です。通常、食道を通って胃に入った食べ物は、食道と胃のつなぎ目の部分(噴門)の括約筋が弁の役割をして胃の中のものが逆流しないようになっています。しかし、いろんな原因が合わさることにより、胃から逆流することがあります。

1.胃液の逆流を防ぐ機能の低下

食道と胃のつなぎ目の括約筋が加齢により弁としての働きが弱くなったり、食道裂孔ヘルニアや胃の手術などで食道の形態が変わることで起こります。また、食物を胃に送り込む蠕動運動の機能が低下して、食道へ逆流してきた胃液を胃に送り込むのが遅れ、食道内にとどまる時間が長くなったり、胃炎や胃漬瘍などで胃の働きが弱まったため、食物が食道に長時間とどまるようになると起こりやすくなります。

2.胃液の分泌増加

食生活の欧米化で、肉や脂肪分の摂取が多い食事では胃が刺激されやすく胃酸の分泌が活発になります。胃酸は塩酸でpH 1.0〜1.5と非常に強い酸性です。しかし、食道の中はpH7.0と中性に保たれていて、胃酸を防御する構造・働きはありません。ですから、胃液の分泌が多くなると、逆流が起こったときに食道粘膜が傷つけられ、炎症を起こしやすくなります。

3.唾液の分泌低下

唾液は消化酵素を含むほかに、胃酸を中和する働きもあります。そのため、唾液の分泌が低下すると胃酸の影響を受けやすくなります。

4.食物摂取量の増加

食べ過ぎや、脂肪の多い食事をとると胃の働きが悪くなります。アルコールの飲みすぎ、香辛料、コーヒーのとりすぎもよくありません。 胃の働きが悪くなると胃と食道のつなぎ目の噴門が開きやすくなり、空気がでればげっぷとなり、胃液がでれば逆流になるのです。

5.腹圧の上昇

背中が曲がり前かがみの姿勢は、おなかが圧迫されるために、腹部の圧力(腹圧)が強くなります。腹圧が上昇すると胃が押され、圧迫されるので胃酸が逆流しやすくなります。肥満や妊娠時にも腹圧があがりますが、排便時の力み、ベルトや帯、窮屈な下着などでお腹を締め付ける、重い物を持つなども腹圧を上げることになるので避けましょう。


食道炎(胃食道逆流症)の予防

胃酸の逆流を防ぐには、食生活、姿勢、腹圧が3つのポイントです。
生活習慣や姿勢を見直してみましょう。

1.食事はゆっくり、大食をさけましょう。

2.アルコール、タバコの飲み過ぎ、刺激の強い香辛料、食べ物(かぼちゃ、さつまいも、トマト、豆類、柑橘類、チョコレート、ケーキ、甘味和菓子、炭酸飲料、コーヒーなど)はひかえめに

3.腹圧を高めないように、お腹をしめつるベルトや帯、コルセットはゆるめにします。
肥満や便秘をさけましょう。胸やけがするときには、食後すぐに横にならずに、座って過ごすようにするとよいでしょう。枕や座布団を重ねて、上体を高くして休みます。また、なるべく腰をのばして、ストレスの解消やため込まないようにしましょう。


このような対症療法でも胸やけが治らないときは、自己判断をせず、受診しましょう。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.