AED 自動体外式除細動器

AEDとは、自動体外式除細動器のことで、心臓が心室細動を起こしているときに除細動を行う機器です。最近、広く公共機関で設置されてきているAEDの使用方法、価格、レンタルについて紹介。

スポンサードリンク


AEDとは、自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)です。

心臓は心室の筋肉が収縮運動をして血液を身体に送り出していますが、心停止状態になり心室細動を起こすと、筋肉がブルブルと震えだし、血液を身体に送り出すことができなくなってしまいます。この心室細動は自然に止まることはまれで、電気ショックを与えて、心臓に規則正しい運動を取り戻させる除細動の処置をしなければなりません。

  脈拍の異常 心室細動

AEDは、この心室細動をおさえる除細動を行う機械なのです。

AED 自動体外式除細動器によれば、以前は、除細動は医師や救命救急士の資格保持者しか行うことができませんでした。しかし、2004年からは一般人も使用することが認められたのだそうです。

日本では年間に数万人が心臓病で突然死していますが、救急車がきてからAEDによる治療をしたのでは、間に合わない、助かる命も助からないということで、AEDの機械が改良され簡単な操作で使用が可能になったのはいいことですね。

救急車を呼んでいる間に、AEDによる処置が施せたらもっと多くの命を救えるのですものね。

最近では、AEDの普及運動が盛んになり、病院、駅、工場、学校、ホテル、公共機関などでは広く設置されてきました。

aed

2008年の12月には全部の新幹線にもAEDが設置されるようですよ。



スポンサードリンク

AEDの使用法

AEDの使用法は簡単です。機器の指示通りに操作します。

倒れている人がいたら、意識や呼吸、脈拍がないかどうかを確認し、救急車を呼びます。
周りに医師等がいないかどうかを確かめます。医師による処置が望めない場合は、AEDの使用が認められます。

機種によって若干の違いはありますが、使用法は簡単です。

1.電源を入れる。

2.電極パッドを患者の胸に貼る。

3.AEDの指示に従う。

ただし、狭心症のために胸にパッチを貼っている人やペースメーカーを埋め込んでいる人は、注意が必要です。

パッチを貼っている場合には剥がしてから、ペースメーカーを埋め込んでいる場合には、その場所を避けて電極パッドをつけてください。

AEDのレンタル

AEDの価格や値段は日本では1台が約40万円ほどしますが、セコムなどでレンタルができるようです。

心室細動は自宅内での発作が一番 多いそうですので、心臓に持病がある人がいる場合には、家庭に備えておくといいですね。

しかし、AEDは操作が簡単と言っても命に関わることですので、消防署などが行っている講習を受けておくことをおすすめします。

詳しくは AED 自動体外式除細動器

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.