脈拍の異常 心房細動と心房粗動

心房細動と心房粗動は頻脈性不整脈で、よく似た名前ですが、心房の興奮回数の違いで区別されています。 心房細動と心房粗動の原因、症状、合併症について紹介します。

スポンサードリンク


頻脈性不整脈の分類で心房細動と心房粗動があります。

心房細動と心房粗動はよく似た名前ですが、心房の興奮回数の違いで区別されています。


心房細動


心房細動とは洞結節から心房の興奮が始まらず、心房内の様々な部分から電気刺激が発生して心房内を旋回するため起こります。1分間に約350〜500回と正常の5倍以上の速さで不規則に細かくふるえている状態です。心房細動波のうち何割かが心室伝わり不規則に興奮するため脈も不規則に打ちます。


心房細動では、心房から心室への血液が効率よく流れなるため、心臓のポンプ機能の効率が低下します。そのため、心房内に血栓ができやすくなり、この血栓が脳や全身の血管に詰まると脳梗塞や血栓塞栓症を引き起こす可能性があります。


心房粗動


心房粗動は心房細動と違って心房のふるえ方は毎分250〜350回くらいで、比較的規則的に、2対1、3対2、3対1、4対1などの一定の比率で心室に電気的興奮が伝えられるため脈も比較的規則的です。


心房から心室への伝わり方の比率が高いほど頻脈が強くなります。心房粗動が起こる頻度は心房細動に比べるとかなり少なくなります。


心電図はこちら
心房細動と心房粗動


心房細動と心房粗動の原因


心房細動と心房粗動はふるえの回数や規則性以外はほぼ同じとされています。
心房細動と心房粗動が同じ人におきることもよくあるようです。


心房細動と心房粗動の原因は心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋症など心臓に病気のある場合が多いのですが、甲状腺機能亢進症など心臓以外の病気の場合や明らかな原因のない場合もあります。またアルコールを飲みすぎておこることもまれでありません。


また、心房細動は年をとるにつれておきやすくなります。70歳を越えると5%以上の方に起こるとされているのでめずらしい病気ではありません。


心房細動と心房粗動の症状


心房細動と心房粗動の症状は、心室がどのくらい速く拍動するかで決まります。1分間あたり約120回未満であれば症状は現れません。


心室の拍動数が異常に速くなると、脈が不規則に打つのを感じたり、不快な動悸や胸部不快感を感じるようになります。


心房細動は脈は不規則で普通より速くなり、心房粗動の場合には、脈は規則的で速くなります。


心房細動と心房粗動では心臓が血液を送り出すポンプ機能が衰えるので、筋力低下、失神、息切れを起こす場合もあります。高齢者では、心不全や胸痛が起こります。


心房細動と心房粗動の合併症


心房細動と心房粗動の合併症にはどんな病気があるのでしょう?


1.運動耐性低下や心不全

心臓に病気のあるなしに限らず、頻脈や徐脈になるので心臓のポンプ力が弱まり、息切れや呼吸困難、足のむくみといった心不全になることがあります。


2.血栓性脳塞栓症

心房細動では心房内の血液の流れが乱れたり遅くなったりするため血液が流れにくくなり、血栓ができやすくなります。血栓が左心房でできた場合に、血栓が脳動脈につまって脳梗塞をおこす可能性が高くなります。


脳梗塞の1割から2割が心臓が原因で、その半分が心房細動によるものだそうです。また心房細動の方の年間脳塞栓発生率は4.5%と高い割合ですから、治療や予防をする必要があります。


 詳しい説明は、↓
心房細動と心房粗動

画像でわかりやすく説明されています。
心房細動と心房粗動

私の父も61歳の時、心不全の発作を起こしました。そのとき、心電図は心房細動の状態でした。
発見が早く治療をしたので心房細動は治まり、左室肥大も改善されその15年間は心電図でもあまり異常は見られませんでした。


しかし、糖尿病、高血圧、高脂血症など生活習慣病、睡眠時無呼吸症候群も患っていましたので、75歳の時、脳梗塞を起こしてしまいました。


血液がドロドロになるような生活習慣や食生活を改善しましょう。


血液をさらさらにする食事の基本は?

★★★★★
★★★★★
★★★★
★★★★★

抜け毛に効果的な食事
眼瞼下垂(がんけんかすい)




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.