脈拍の異常 心室頻泊

心室頻拍は心室期外収縮が引き金となり、突然、発作的に頻拍となる不整脈で、心室性期外収縮が3つ以上連続して現れた場合の病名です。原因、症状について紹介します。

スポンサードリンク


心室頻拍とは

心室頻拍とは心室性期外収縮が3つ以上連続して現れた場合の病名です。
心室頻拍は心室期外収縮が引き金となり、突然、発作的に頻拍となる不整脈で、心室を起源にした1分間に120回以上の拍動です。


  脈拍の異常 期外収縮とは?


心室頻拍は心臓に病気がなくて、数連発程度であれば心配ないことも多い不整脈です。
でも、心臓に病気がある場合や、連発の数が多い場合は、危険性が高くなります。

心室頻拍の原因

心室頻拍の原因としては、心室内で異常な電気刺激が発生して、心室内でぐるぐると回転して起こります。

もともと心臓に心筋梗塞や心筋症などの病気があって起こる場合と、心臓にはっきりした病気がなくても起こる特発性心室頻拍の場合とがあります。


心電図はこちら

心室頻拍

心室頻拍は通常の波形とはまったく異なる波形になります。



スポンサードリンク

心室頻拍の症状

心室頻拍の連発数が少ない時には、脈が飛ぶように感じる程度の症状のようで、自覚症状の余りない方も多くいます。しかし、心室頻拍の持続時間が長くなったり、心拍数が多くなると動悸がするようになります。心室頻拍の動悸は突然始まり突然停止するのが特徴です。
動悸以外にも、胸痛や胸部の不快感を感じる場合もあるようです。

1分間に100回以上の心室頻拍が起こると、心室の筋肉は速いリズムで収縮を繰り返し、血液を送り出す機能が低下します。血圧が低下するので、脳に送られる血液も減少、めまいやふらつき、失神、ショック症状を起こすことがあります。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.