歯周病の原因と全身症状

日本人にもっとも多い病気は歯周病では?歯周病も免疫力の低下がもたらす病気。原因、症状、予防、また、流産、口臭など、全身への悪影響について紹介します。

スポンサードリンク


日本人にもっとも多い病気ってなんだと思いますか?


それは歯周病ではないでしょうか?


厚生労働省の「歯科疾患実態調査」によると、


歯周病は25〜34歳の若い世代ですでに約80%、
45〜54歳の中年層では88%もの人にその兆候がみられるのです。


これほど歯周病の人が多いのに、それがどんな病気なのかはあまり知られていません。


これは歯周病が初期には痛みもなく、歯肉(歯茎)がちょっとはれたり、
歯磨きのときに少し出血する程度なので、そのまま放置している人がほとんどだからでしょう。


あなたの歯茎は大丈夫ですか?


歯周病とは?


歯をささえる歯肉やその周辺組織が炎症を起こし、
悪化すると歯槽骨が溶け、歯を失うことにもなる病気です。


その原因となるのが、しこう歯垢(プラーク)です。


歯垢というと、食べカスのことだと思っている人が多いのですが、
実は歯周病菌という細菌のかたまりなのです。


歯垢がたまると、歯周病菌の酵素や毒素によって、


1.歯肉が炎症を起こします(歯肉炎の段階)。


2.歯と歯肉のすきま(歯周ポケット)に歯周病菌が増殖し、
  炎症が歯根膜や歯槽骨にまで及びます(歯周炎の段階)。


3.この状態を放っておくと、歯がぐらつき、やがて抜け落ちてしまいます。

歯を失うのは虫歯のためと思われがちですが、最大の理由は歯周病です。



歯周病の原因


口の中には当然の事ながら、400種近い細菌がいるのですが、

歯周病を引き起こすのは、ポルフィロモナス・ジンジバリス(PG菌)をはじめとした
ごく一部の数種類の細菌類なのです。


歯周病の原因菌



歯周病チェック!


・歯を磨いたときに、必ず歯茎から出血する。

・口臭がある。口が臭いと親しい人に言われた。

・歯と歯の間に、よく食べ物が挟まる。         

・朝起きたとき、口の中が粘ついた感じがする。

・歯茎がムズムズ痒い感じがする。           

・歯茎が赤く充血している。

・歯茎に痛みがある。また、歯が浮いたような感じがする。  

・抜けたまま放置している歯がある。

・鏡で見ると、歯が以前よりも長くなったように見える。   

・水を飲むと、歯や歯茎がしみて痛い。

・奥歯に小指を立ててかきとると、白っぽいものがつく。  

・歯茎を押すと、臭い膿が出ることがある。

・手で押すと、歯がグラグラする感じがある。     

・歯がぐらついてしまい、食べ物を噛み切れない。

ひとつでも気になることがあるなら、早めに歯科医に相談しましょう!

虫歯で痛みが出てからしか歯医者さんに行かない人が多いのではないですか?




スポンサードリンク

全身症状との関連


糖尿病やリウマチになると、細菌に対する免疫力が低下するため、
歯周病が悪化します。


その反対に最近になって、歯周病になると、心臓病をはじめ呼吸器疾患、
糖尿病などになりやすいこともわかってきました。


とくに心臓病は、歯周病と密接な関係があるというのです!


感染性心内膜炎が、歯周病菌と関係することは以前から推測されていました。


加えて2000年にカリフォルニア大学のマイケル・ニューマン教授(元米国歯周学会会長)が、
心筋梗塞や呼吸器疾患、糖尿病などへの影響を指摘したことから
歯周病への関心が急速に高まりました。


歯周病菌は歯肉から血管をとおって心臓にも移動し、血管壁に炎症を起こします。


すると炎症部分が動脈硬化を起こし、狭心症や心筋梗塞の引き金となるのです。
動脈硬化の部分からは、肺炎クラミジアなどと並んで、歯周病菌が数多く発見されます


歯周病が流産の原因に


歯周病にかかっている妊婦の人は未熟児を産んだり、流産したりする危険が
そうでない人に比べ、7.5倍になるというショッキングなデータが報告されました。


これは、アメリカのUCLA大学歯学部のマイケル・ニューマン教授のグループによって
発表され、科学的裏付けを研究で実証しました。


細菌が歯茎に感染して慢性的な炎症を起こすのが歯周病ですが、
この炎症部分に炎症メディエーターという物質ができてきます。


この炎症メディエーターが体内の筋肉を収縮させる物質であるプロラクチンを
活性化して増加させるのです。


その結果、本来の出産時期ではない時に子宮を収縮させてしまって
早産や流産が起こりやすいというわけです。


歯周病の原因菌自身もだ液といっしょに胃に入り、最終的には血管を通って
直接子宮に感染すれば、子宮感染症も起こってしまいます。


もともとは女性の場合、ホルモンの影響で男性より歯周病にかかりやすい傾向があります。


特に妊婦はカルシウムを赤ちゃんに取られてしまうために出産までに歯周病を起こしやすく、
出産後歯がボロボロになってしまうというような事が今までも報告されてきました。


これまでは喫煙や飲酒、高齢出産等が早産や流産を引き起こす主な原因だと言われてきましたが、
歯周病は今回の調査でそれらよりも2倍もリスクが高い事がわかってきたのです。


たかが、歯周病と・・・侮れません!!


今妊娠している人はもちろんですが、これから結婚・妊娠を考えている人は、
一度歯科医を受診して、歯茎をチェックし、虫歯を早く治しましょう!


出産時の異常を起こさないために非常に大事だと言えますね。


これは、女性だけにではありません!
歯周病は感染症ですから、男性もですよ!!


虫歯のない元気な子どもに育てたいと願っているのなら、
まず!両親が虫歯、歯周病を治療することから始めましょう!


この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.