インフルエンザと風邪の比較

インフルエンザと普通の風邪の原因や症状の違いを表にまとめて比較しました。ウイルスが原因の呼吸器系感染症ですが、発熱や全身症状の出方にかなりのちがいがあります。

スポンサードリンク


インフルエンザと普通の風邪の原因や症状の違いを表にまとめて比較しました。

いずれもウイルスが原因の呼吸器系感染症ですが、症状にはかなりの違いがあります。

  インフルエンザ 普通の風邪
初発症状 悪寒、頭痛 鼻咽頭の乾燥感、くしゃみ
発症 急激 緩徐
発熱 突然の高熱〔38℃以上〕 ないか、微熱(こじらせると高熱のことも)
悪寒 強い 軽い
全身の痛み
〔腰痛・関節痛・筋肉痛等〕
強い なし
倦怠感 高度 ほとんどない
鼻や喉の症状 全身症状に続いて 全身症状に先行。顕著
咽頭 充血、時に扁桃腫脹 やや充血
結膜充血 ある ない
合併症 気管支炎、肺炎、脳炎、脳症等 まれにある
病原 インフルエンザウイルス ライノウイルス、コロナウイルスなと多種
発生状況 流行性(12月〜3月) 年間に散発

比較してみると、かなり違いがありますね。

世界で感染者が拡大中の豚インフルエンザウイルスは、鳥インフルエンザウイルスほど毒性の強いものではないようですが、まだ感染源も特定されていないので心配ですね。

★★★★★
★★★★
★★★★★


スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.