バナナは免疫力を高める

バナナは免疫力を高める果物です。栄養価が高く、糖類、炭水化物、カリウム、食物繊維が多く含まれていてダイエットにも最適です。またセロトニンの働きで精神を安定させます。

スポンサードリンク


40年前には値段も高めで、特別な日にしか食べることが できなかったバナナ。
以前は、露天でバナナのたたき売りなんてこともありましたね〜〜!!
でも今では値段もお手ごろで すっかり庶民の味となりました。


バナナは便利な果物です。


ところが、あまりにも日常的な果物のため、
栄養面での優秀さをきちんと分っている人は意外と少ないようです。


バナナは単子葉植物バショウ科の果実を食用とする大型の多年草で、和名は「ミバショウ(実芭蕉)」。
日本の暖地に広く栽植されるバショウ(芭蕉)という植物に似ていところからつけられました。


東南アジア原産で、現在は熱帯域全域に広がりました。


果物用品種のプランテーション栽培が盛んで、料理用バナナで代表されるように、
主食としても重要な作物となっています。


食物繊維がたっぷりあるといわれているバナナ。
それもそのはず、バナナは食物繊維がたっぷりなことで有名なショウガの仲間なのです。


日本に初めてバナナが上陸したのは16世紀の半ばごろ。
ポルトガルの宣教師・ルイスが織田信長にバナナを献上したのがはじまりとされています。


バナナの栄養素


バナナの栄養素について、他の果物に比べて栄養価が高いことがわかるでしょう!


1.糖類・炭水化物


バナナはあの甘さとねっとり感にはブドウ糖、果糖、蔗糖(しょとう)、デンプンなど
複数の糖類が含まれ、炭水化物が多く、しかも消化もいい果物です。


バナナのエネルギーは、即効性と持続性を兼ね備え効率の良いスタミナ源なのです。
手軽にエネルギー補給ができる果物と言えますね。


プロゴルファーや、長時間にわたる手術をする外科医の中には、
バナナを補給する人が多いようです


その効果は人間だけにはとどまりません。
なんと、レース前の馬にバナナを与えると成績が上がったという調教師の話もあります。


2.カリウム


バナナ1本で薬のカリウム剤2〜3錠分といわれるカリウムは、
余分な塩分を排泄する・利尿作用・水分の代謝を助けるなどの有効な成分です。


また、これが筋肉の動きを円滑にしてくれます。


朝食を取る時間がないときでも、バナナを1本食べ、相性の良い牛乳を飲むことで
朝のダルさなどかなり克服できますよ。


3.食物繊維


水溶性食物繊維のペクチンとオリゴ糖も含まれ、これらは便秘改善のため働いてくれます。
バナナのすじは食物繊維ですので、一緒に食べるといいですね!


またオリゴ糖はストレートに腸に作用し、腸内のビフィズス菌をふやして、
腸の働きを活性化してくれます。


牛乳と一緒に食べることで、整腸作用に加え、余分な老廃物が身体の外に出やすくなるので
ダイエット効果も期待できます。


ただし、バナナは完全食ではありません!
バナナだけでのダイエットのし過ぎには気をつけて下さいね。


4.セロトニン


自殺者数のうち8割近くがうつ病だといわれています。


この病気の原因のひとつとして、脳内物質セロトニンの不足と、
その作用の低下があげられています。


セロトニンは「癒しホルモン」と呼ばれ、過剰な興奮や不快感を鎮めますが、
ストレスがたまると減り、神経細胞間の授受能力も落ちてしまいます。


バナナにはセロトニンと、その材料となる必須アミノ酸のトリプトファン、
そしてその生成を助けるビタミンB6が豊富に含まれていて、
相乗的にセロトニンを摂取することができます。


また、精神を安定させるマグネシウムも多いです。


うつ病は小学生にも増え、セロトニン不足はあらゆる「依存症」の原因にもなります。


バナナを食べて、元気ハツラツとした毎日を送りましょう!


★バナナは保存に注意


バナナは熱帯性の果物なので、冷蔵庫に入れるとバランスよく追熟しません。


涼しい室内に山形に置きましょう。谷形に置くと痛みやすいので注意です。


最近では、つるして保存するバナナホルダーもあります。

使いやすくシンプルでバナナを新鮮保存!バナナホルダー


ちょっとしたインテリアになるかも?(*^。^*)


また、冷凍して保存してもおいしいですよ。


切ったままにしておくと、酵素の働きで褐色になってしまいます。
変色を防ぐには、酸味の強いレモンやオレンジなどの果汁をかけておくといいでしょう。


バナナをひと口大に切り、ベーコンで巻き、ようじで留めてオーブンなどで軽く焼くと、
甘さが抑えられたオツな一品になります。


バナナは加熱すると抗酸化作用が増します。皮ごと1分レンジに入れると手軽ですよ。
バナナを焼いて食べると免疫力効果がさらにアップするそうです。


いろんな食べ方ができるバナナ!いつも常備しておくといいですね!


私は、スポーツクラブに行く日の昼食には、必ずバナナシェイクを飲みます。


バナナ1,5本 + プロテイン + アロエジュース + 氷 +水


これをミキサーにかけます。


量が増え、のどごしもよくおいしいです。
何よりも胃にもたれず、エネルギーへの即効性があるのでトレーニングには効果的ですよ!



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.