インフルエンザの予防 マスクの着用

マスクにはウイルスなどの体内への侵入を防止する役割、ウイルス感染者の咳やくしゃみの飛沫の拡散を防止する役割があります。咳エチケットを習慣にしましょう。

スポンサードリンク


インフルエンザの予防にはマスクの着用が効果的です。

マスクの効果

インフルエンザ マスク

マスクには、主に二つの役割があります。

ひとつはウイルスなどの体内への侵入を防止する役割、
もうひとつはウイルス感染者の咳やくしゃみの飛沫の拡散を防止する役割です。

でも、マスクを着用しておれば、ウイルスの吸入を完全に予防できるわけではありません。

ウイルスの大きさは、100ナノメートル(1ミリメートルの1万分の1)以下ですから、
マスクの目に比べるとはるかに小さいものです。

ですから、フィルターの目が細かければ細かいほど、効果が高いことになります。
しかし、フィルターの目を細かくすると空気が通りにくくなるため、呼吸しにくくなります。

例として、新型インフルエンザ対応のN95マスクがありますが、
呼吸がしにくく日常の生活には向きではありません。

N95マスク

呼吸がしづらいからとマスクをずらせば、隙間ができて効果が半減します。
マスクは鼻と口にぴったりフィットするものを選ぶことが大切です。

小さいサイズとして、子供用、女性用のマスクも販売されています。

薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。
マスクの効果を最大限発揮するため、使用方法をご確認のうえ正しく使用してください。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  。

★★★
★★★★★
★★★★★
   


感染していない人がマスクをするのは、飛沫の吸入を抑えるだけでなく、
ウイルスに汚染された手で鼻や口を触る機会が減り、接触感染の防止になります。

また、マスクをすることで、のど周辺の乾燥を抑え、のどの防御機能が低下するのを抑える効果もあります。

睡眠中の乾燥しやすい唇や、のどの保護に。シルクおやすみマスク



咳エチケット

「咳エチケット」を知っていますか?

咳は1.5メートル、くしゃみは3メートル、ウィルスを含んだ飛沫は飛び散ります。


1.咳・くしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
  マスクをもっていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、
  他の人から顔をそむけて1〜2m以上離れましょう。

2.鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

3.咳やくしゃみしたとき押さえた手や腕は、その後直ぐ洗いましょう。
  接触感染の原因にならないよう、手を洗う前に不必要に周囲に触れないよう注意しましょう。

3.咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。


インフルエンザが来て騒ぐ前に咳エチケットを身につけておきましょう。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.