免疫力を高める  噛む(咀嚼・そしゃく)

食べ物をよく噛んで食べる(咀嚼)は免疫力を高めるために必要です。唾液には消化酵素だけでなく殺菌作用、記憶力アップ、姿勢がよくなるなどの効用があります。

スポンサードリンク


免疫を高める食品や料理法はいろいろあります。


確かに、これらを食べることは、免疫アップに繋がるのですが、その前に、意識して実行しなければならないことがあるのです!!


免疫力アップ 噛む


案外、忘れられがちですが・・・・


「食べ物をよく噛んで食べること」つまり「咀嚼(そしゃく)です。


いくら、その食べ物が自然食で健康的であっても、ちゃんとよく噛んで、唾液と混じらないと消化がうまくいきませんよね。消化がうまくいかなければ、その一部が固まりのまま外に排泄されることに!!


それでは、たとえおなかは満たされても身体の細胞に行き渡る栄養面でいえば、足りなくなってしまうわけです。これではいくらバランスの取れた食生活をしていても、免疫力が下がることはあれど、上がることは絶対にありえません。


よく噛むとどうなるか?


唾液には殺菌効果があります。そして、唾液は噛めば噛むほど出てくるのです。つまり食べ物をよく噛むという事は病原菌を体内に入れないという点においても理に適っているのです。多少いたんだ食べ物を食べても、噛むと噛まないのとではあたり方も違うといいます。

さらに、よく噛むことによって、耳下腺からパロチンというホルモンが分泌されます。このパロチンには免疫力を高める効果があるといわれており、さらには老化を防ぐ働きもあるとされています。


東洋医学的に見ても、人間のあごには胃経と大腸経という2本の経路があり、ものをよく噛めばこれらの経路が刺激され、胃腸の働きが活発になるといわれています。ですから、この食べるときの基本はおろそかにしてはいけません。


ごはんやパンなどの炭水化物は、唾液に含まれる酵素で分解はされても、胃液に含まれる酵素では分解できないのです。丈夫な顎でしっかり噛めることは、全身の健康のためにも大切です。



よく噛むことの効用


1.記憶力がアップ


健康はもちろん、脳神経や感情とも深い関係があることがわかってきました。あまりかみ砕く必要のないやわらかい食品や加工食品に偏ってしまったり、虫歯や抜歯などが原因であまりかまない習慣がついてしまった人は脳への影響が懸念されています。良くかむことで脳が活発に機能し、眠くならないだけでなく、記憶力、思考力などが高まります。


また、精神的な満足にもつながり生きる意欲も沸き立たせる、とも考えられています。とくに高齢の方はかむことであごの筋肉の萎縮やあご骨の骨粗鬆症の予防にもなり、心と体を活性化させることも期待できます。 ボケ防止にも効果があるだけでなく、 がん、成人病予防にも効果が!!


2.毒消し効果


よく噛めばだ液の分泌を促すので、毒物や発癌物質に対して毒消しの作用や、毒性の強い活性酸素を消去する働きもあるといわれています。


3.寝たきり状態の改善。


歯ぐきが強くなるので「歯を食いしばる」ことができ起き上がろうという力が出ます。その結果生きる意欲がわきます。よく噛むだけで脚力がつき、速く走れるようになれるというのは実験でも証明されています。


4.その他


容貌がよくなったり、肩こりが治ったり、姿勢がよくなると言われています。


よく噛むための調理上の工夫


「食事のときは一口30回かみましょう」。


よくかむことで唾液が多く分泌され、消化・吸収を助けます。と同時に早く血糖値を高めるため、空腹感が満たされ、肥満防止にもなります。


1.材料を大きく切る。


咀嚼筋の活動量は、食材の大きさが1/2になると12%、1/8になると40%減少します。


2.水分の少ない調理法にする。


唾液の分泌が促されます。煮物より焼き物、天ぷらよりフライや素揚げ、パンはトーストするなど工夫しましょう。


3.加熱時間を短くする。


長く煮込むほど材料はやわらかくなるので、短時間で煮込み、歯ごたえを残すようにしましょう。


4.噛みごたえのある材料を使う。


玄米、タコ、イカ、なまこ、セロリ、小魚の佃煮、豆類など、歯ごたえのあるものを多く食べるようにしましょう。


楽しく食べましょう!


これが食事の基本です。


食事は、楽しく家族や仲間とわいわいいって食べるのが一番です。心安らぎ、たとえそれが不健康な食べ物でさえ美味しく感じさせてくれるものです。


いくら食べ物が良くても、ひとりぽっちの食事や、気まずい雰囲気の中のように、受け入れる側の人間の気持ちが沈んでいたりすると味覚も食欲も減退しますね。そうなると免疫力も下がります。体はうまくできています。


子どもたちへ噛む習慣を教える


1500年前の古墳から見つかった人間のあごの骨と現代人のあごの骨を比較すると驚くほどの違いがみつかります。たくましくしっかりとした下あごは咀嚼パワーを証明しています。咀嚼回数も、卑弥呼の時代で3990回、現代人は610回と推測されるそうです。
  咀嚼(そしゃく):食事


現代は、子どもたちの顎がスリムになっています。ちなみに大脳の方は大きくなっているのです。これが進むとどうなるかというと頭が大きく、顎が細いバランスの悪い顔になるのです。


また、あごが細くなると歯があごに入りきれなくなり、歯茎から生えてくるようになります。このようになると普通にご飯は食べることができません。かみ合わせの悪さから背骨も曲がったり、正しくしゃべれなかったりという障害も出てくるのです。


離乳食の時期から幼児期にかけて、できるだけ早いうちに食感のあるものに慣れることを習慣づけておきましょう。本物の歯ごたえや味わいを知ることで健全な嗜好を育て、体によいものとよくないものを識別できるようになるのです。


人生80年時代です。健康的な齢を重ねる基本となるのが「咀嚼」と言えるでしょう!楽しく、よく噛んでいただく!それが免疫力アップに繋がります!!



咀嚼について


★★★★★
★★★★★



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.