腎臓の働き 排泄機能

腎臓の排泄機能は体に不要な窒素代謝産物(尿素窒素、尿酸、クレアチニンなど)、過剰の塩分、体に有害な薬物などを尿として体外に排出します。

スポンサードリンク


腎臓の位置と形、大きさは前回お話ししました。

  腎臓の位置と大きさ


腎臓の働き

 


腎臓という臓器はどんな役割と働きをしているのでしょうか?


腎臓は老廃物をろ過し、体外に尿として排泄する働きがありますが、
それ以外にも、体にとって重要な働きがあります。


腎臓の働きの主なものをあげると、


★排泄機能

1.代謝物や老廃物、薬物などを排泄する働き。

★恒常性機能

1.体内の水分の量の調節、電解質の体液組成の恒常性を保つ働き。

2.血液を弱アルカリ性に保つ働き。

★内分泌機能

1.レニンというホルモンを分泌し、血圧を調節する働き。

2.エリスロポエチンというホルモンを作り、血液を作る命令を出す働き。

3.ビタミンDを活性化する働き。

★代謝機能

1.アンモニア産生・インスリン分解・タンパク代謝など


主なものでもこんなにあるんですね。


腎臓の排泄機能

では、まず、腎臓の排泄機能についてお話しします。

syokuji.jpg

食事でとった食べ物は体内で代謝されて、大部分は水と炭酸ガスになります。


タンパク質は体内で代謝、分解されると、体に不要な窒素代謝産物(尿素窒素、尿酸、クレアチニンなど)ができますが、正常では腎臓の排泄機能によって尿中より排泄されます。


また、過剰の塩分、体に有害な薬物なども、腎臓の排泄機能によって尿として体外に排出します。


しかし、腎臓機能が衰えるとこれらが十分排泄できず体内にたまります。


そのため、全身がだるくなったり、活動性が低下。
神経症状、消化器症状、出血傾向などの症状が現れます。


★★★


スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.