腎臓の働き 恒常性機能

腎臓の恒常性機能は、体の細胞の内外の液量や浸透圧、水素イオン濃度、電解質の組成などを一定に保つために、水分やナトリウム、カリウムといった電解質の再吸収量を調節する機能です。

スポンサードリンク


腎臓の働きには、体内の水分の量の調節、電解質の体液組成の恒常性を保つ機能があります。


腎臓の恒常性機能というのは、体の細胞の内外の液量や浸透圧、水素イオン濃度、電解質の組成などを一定に保つために、水分やナトリウム、カリウムといった電解質の再吸収量を調節する機能のことです。


体内の水分の量の調節


人間の体は、約60%が水分というのが健康な状態と言われています。


ここで言う水分とは、電解質の成分(マグネシウムやナトリウム・カリウム、リンなど)が溶け込んでいる体液のことです。

 
腎臓は尿の量を調節して、この体液の濃度を調節する働きがあります。


腎臓の糸球体でろ過される原尿は150リットルありますが、実に99%は尿細管を通過している間に再吸収され、尿として排泄されるのはたった1%。約1500ミリリットル程度なのです。


例えば、暑い時に沢山汗をかいて、体内の水分量が不足すると体液が濃くなりますが、水分の再吸収率を引き上げることで、尿量を少なくして水分が体の外に出ないよう調節しています。
   

逆に水分を大量に摂取した時には体液が薄くなるので、水分の再吸収率を引き下げることで尿量を多くして、水分を体の外に排出して調整しているのです。


再吸収される成分の主なものは、水、食塩、アミノ酸、ホルモン、ブドウ糖などです。この腎臓の働きによって、体液と体液内の成分が一定の濃度になるようにコントロールされているのです。


特に水分の再吸収は夜なかに多くされるため、加齢や腎臓病で機能が衰えると夜中に何度もトイレに起きてしまうようになり、熟睡できなくなってしまいます。


また、腎臓の機能が低下したり、不全になると水分は体に溜まり、胸苦しさ、むくみ(浮腫)などの症状がでます。


血液を弱アルカリ性に保つ働き


人間の体は、水素イオン濃度(pH)7.4 の弱アルカリ性になっていて、この値を保とうとする働きがあります。体液や血液、唾液などが弱アルカリ性に保たれていると新陳代謝が活発となり、内臓の負担が軽くなります。


でも、老廃物の酸性物質の排出が悪くなり、体液が少しでも酸性に傾くだけで細胞の活動は低下してしまい疲労します。


弱アルカリ性を保つ機能としては、腎臓が酸性物質の排泄するほかに、肝臓が酸性物質のリサイクル、呼吸によって酸性である二酸化炭素を排泄しています。


腎臓は、まさに年中無休!!24時間働きづめの臓器ですので、腎臓に負担をかけない生活習慣を心がける必要があります。



★★★★
★★★★★
★★★★★



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.