慢性腎炎の検査と治療

慢性腎炎はタンパク尿が1日1g以上かタンパク尿と血尿の両方があって高血圧が1年以上続いています。尿検査、血液検査を行い診断されます。慢性腎炎の薬物療法、食事療法について。

スポンサードリンク



慢性腎炎(慢性糸球体腎炎)はタンパク尿が1日1g以上かタンパク尿と血尿の両方があって高血圧が1年以上続いている場合に診断されます。しかし、特にこれといった症状がみられない場合もあります。


   慢性腎炎の原因と症状


慢性腎炎の検査


慢性腎炎の検査として、

●尿検査

尿タンパク、尿潜血、尿沈査など

●血液検査

血液一般検査、尿素窒素、クレアチニン、血清補体価測定、IgA、IgGなどの生化学検査など

●腎生検

慢性腎炎は血液検査の結果で種類分けされます。

1.血清補体価の低下は膜性増殖性糸球体腎炎やループス腎炎

2.IgA高値はIgA腎症

3.HB抗原・抗体の陽性はHB腎症(B型肝炎ウイルスによる腎症)

4.抗核抗体の陽性はループス腎炎


慢性腎炎のうち日本人に最も多いタイプは、IgA腎症で、約40%の割合です。10才代から40才代で男性に多く発症しています。


IgA腎症は腎臓の中でろ過の働きをしている糸球体にIgAというタンパク質(免疫グロブリン)が沈着する病気です。IgA腎症の原因はまだ詳しいことはわかっておらず、難病(特定疾患)に指定されています。



慢性腎炎の治療


慢性腎炎の治療として残念ながら根治的な特効薬はありません。
そこで慢性腎炎の進行を抑え、腎不全に移行しないようにするための治療が施されます。


1.薬物療法

●タンパク尿を抑え腎症の進行を抑制させる

変換酵素阻害剤や受容体拮抗剤、副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬など

●糸球体内で血液が凝固することを抑制

血小板のはたらきを弱める薬。血液凝固を抑制する薬

●血圧コントロール(血圧を下げる)

降圧薬

●むくみの解消

利尿剤


2.食事療法


食事療法の内容は、腎機能の程度や症状の有無によって変わりますが、食事療法の基本は、食塩とたんぱく質の摂取量を守ることです。


食塩制限は1日6〜7g。薄味にしましょう。

たんぱく質は1日0.7〜1.0g/kg体重。摂取量としては40〜60gに制限しましょう。

また、症状によっては水分量とエネルギー摂取量も過不足にならないように注意しなければなりません。


★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★


慢性腎炎は自覚症状があまりないため、気付かないうちに進行してしまうことがあります。
定期的に健康診断を受けることが大切です。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.