腎不全の症状と命の危険

 腎不全は腎機能が極端に低下、ろ過機能が低下して老廃物の排泄が十分にできなくなった状態

スポンサードリンク


腎不全は病気の名前ではなく、何らかの原因で腎機能が極端に低下したために、
腎臓のろ過機能が低下して老廃物の排泄が十分にできなくなった状態のこと。


一般に腎臓の働きが正常の30%以下に低下した場合を腎不全、
10%未満になると人工透析の治療必要となります。


腎不全は発症の仕方によって、急性と慢性に。
また、障害の場所によって、腎臓そのものの障害が原因の腎性腎不全、
腎循環不全による腎前性、尿路の閉塞等による腎後性に分けられます。



急性腎不全


症状が、1日400cc以下の尿量しかない乏尿が数日間続いたときに診断されます。


手術や感染症、大きな創傷や怪我、薬物中毒、大やけどや日射病の脱水症状
強いストレスが原因となり発症することがあります。


慢性腎不全


急性腎炎や糖尿病性腎症、慢性腎炎などが進行して、腎機能が低下した状態。

血中の尿素窒素が上昇、高カリウム血症など血清電解質の異常を起こします。
慢性腎不全は厚生労働省指定の特定疾患(難病)に指定されています。


腎不全の症状


腎不全が進行すると腎臓は、体内の老廃物を十分排泄できなくなるだけでなく、
体に大きな悪影響を与えるようになります。


1.老廃物や有害物質が排泄されなくて体にたまる。体が酸性になる


人間の体は、ややアルカリ性側に保たれているのがベスト。

体内が酸性に傾くと、免疫力が低下して体の抵抗力が弱まり病気になりやすい。
疲労感や脱力感を感じるようになり、注意力が低下。
体臭や口臭がひどくなり虫歯になりやすい。


2.体の中に水分がたまりむくむ。悪化すると心不全になる。


腎不全では、腎臓が血流から余分な水分を取り除くことができなくなるので、
心臓はより多くの血液を送り出さなくてはならなくなる。

心臓に大きな負担がかかるようになり、限界を超えると心不全になる。


3.電解質の調整ができなくなるとカリウムがたまり、高カリウム血症になる。


高カリウム血症は不整脈や血圧の低下、心拍停止などの症状を引き起こし、
命の危険がある病気。


4.エリスロポエチンの分泌が低下するので、貧血になる。


エリスロポエチンは9割を腎臓で分泌。慢性腎不全になると、
エリスロポエチンが減少して貧血(腎性貧血)が起こる。


5.レニンが過剰に分泌され、体内に水がたまり血圧が上昇する。


腎臓はレニンという酵素を分泌し、血圧をコントロールしている。
腎不全になるとレニンの分泌が多くなり、血圧が高くなる。


6.血液中のカルシウムが減少するため、骨がもろく骨折しやすくなる。


ビタミンDはカルシウムが骨に沈着するのを促進している。

ビタミンDの活性化を行っている腎臓が、腎不全になると
合併症として骨がスカスカになるのです。


どうですか?


ここに上げただけでも、腎臓の働きがいかに体の健康に大きな影響があるか!


慢性腎不全に陥った腎臓は治療は困難で、
厚生労働省指定の特定疾患(難病)に指定されています。


大半の人が治療をしていても進行を遅らせる程度ですが、
末期腎不全になると、人工透析と腎移植の方法しか残されていません。


特に、糖尿病性腎症の場合には自覚症状がないために治療が遅れがちで、
末期腎不全になるひとが多いのです。


透析を受けていても、5〜10年以内に大半の人が死に至ります。
また、糖尿病性腎症は末期腎不全が急激に来るために心不全になりやすいのも特徴。


これは、けっして脅しではありません。


★★★★★

私の父は40代はじめから糖尿病と告知されながら治療をしなかったために、
60代の時、心不全で倒れ救急車のお世話に。


早急な治療のおかげで一命を取り留め、薬と食事療法のおかげで肥満も解消され、
元気になり、毎週末はゴルフに出かけておりました。


ところが、元気になったのでもう大丈夫と糖尿病の治療を勝手にやめてしまったために、糖尿病は自覚症状もなくどんどん進行し、すべての合併症を招いてしまいました。70歳を境に眼底出血を起こし左目が失明し、76歳の時、脳梗塞を起こして寝たきりに。


父の糖尿病性腎症はタンパク尿、尿量の低下はありましたが、
腎不全を起こすまでにはなりませんでした。その前に亡くなったからです。


父の友人も元気な人でしたが、糖尿病の治療を始めたときにはすでに末期腎不全の状態で、人工透析の治療中に大出血を起こし亡くなりました。


私は、ずっと父のそばで、糖尿病の合併症が父の体を蝕んでいくのを見てきました。
もっと強く、父に食生活の改善をさせるべきだったと今でも悔やまれます。
ほんとに糖尿病は怖いです。


国民の3人に1人は糖尿病や糖尿病予備軍と言われています。
そして、10代、20代が増加してきてることは見逃せないことです。


定期的に健康診断を受けましょう。
糖尿病や糖尿病予備軍と言われたら、生活習慣と食事を見直しましょう。

   【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる
    たったの3日でも血糖値が下がる
   

糖尿病は生活習慣病です。生活習慣と食生活に気を付ければ防ぐことができるのです。
家族みんなで取り組む必要がありますね。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.