尿路感染症の原因

尿路感染症は尿路である腎臓や尿管、膀胱、尿道などが細菌などに感染し、炎症を起こした状態です。女性に多く高齢者や乳幼児も注意が必要です。

スポンサードリンク



尿路は、尿が作られて排出されるまでの尿の通り道である、腎臓、尿管、膀胱、尿道です。男性は精巣上体や前立腺も尿路に含むことがあります。


尿路感染症


尿路感染症は、この尿路に細菌、ウイルス、真菌などが感染することによって起こります。


尿路感染症の原因


尿路感染症の多くは、細菌が尿道口から侵入して尿路をさかのぼって感染して炎症を起こす「上行性感染」によるものです。


感染は細菌による頻度が高く、年齢層によって原因となる細菌は異なっています。


大腸菌やプロテウス菌、そのほかのグラム陰性桿菌などの腸内細菌が多いのですが、単一の細菌での感染は少なくて、ほとんどが複数の細菌の感染によるものです。淋菌やクラミジアなどの性病の菌、緑膿菌や真菌、アデノウイルスなどでも起こる場合があります。


抵抗力が低下したときやストレス、糖尿病の人がかかりやすく、とくに女性は尿道が短いため、尿路感染症にかかりやすいといわれています。


また、加齢により膀胱の排尿機能が低下するため、高齢者も尿路感染を起こしやすいので注意が必要です。


主な尿路感染症には、感染場所により

急性腎盂(じんう)腎炎
急性巣状細菌性腎炎
 膀胱炎
 尿道炎
 急性前立腺炎

などがあります。

★★★★


尿路感染症の症状

尿路感染症の部位により、主症状が異なりますが、主な症状としては、発熱、腰背部痛、頻尿、排尿痛、血尿などがあります。


しかし、尿路感染症に特異的な症状はありませんので、かぜなどとして見過ごされることもよくあります。


そのため、尿路感染症は放置すると再発を繰り返したり、治りにくくなったり、合併症を引き起こすこともあります。尿路感染症が疑われるときにはは早めに受診し、治療を徹底的にする必要があります。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.