腎盂腎炎の検査と治療

腎盂腎炎は細菌による感染症ですので、病院で検査して、原因菌を特定し、適切な治療を行います。腎盂腎炎の検査、治療法、日常の注意点について紹介します。

スポンサードリンク



腎盂腎炎が疑われる主な自覚症状としては、38度以上の高熱、背中や腰の痛み、尿のにごりや血尿、排尿痛や残尿感、頻尿などがあります。

  腎盂腎炎の原因と症状
  

腎盂腎炎は細菌による感染症ですので、病院で検査して、原因菌を特定し、適切な治療を行う必要があります。


腎盂腎炎の検査


1.尿検査

尿沈査で、細菌、白血球の増加がある。血尿がある場合もある。

尿の細菌培養検査で原因菌を特定する。

2.血液検査

血液一般検査で白血球の増加

CRP検査が陽性
CRPは炎症があると血液中に増加するタンパク質
 

3.その他の検査

超音波検査、X線検査、尿路造影検査などを行う場合もある。


問診による症状とこれらの検査を組み合わせて実施し、診断が確定されます。

急性腎盂炎の場合には比較的簡単に診断が確定しますが、慢性腎盂炎の場合には症状がはっきり定まっていないので診断も難しいようです。


腎盂腎炎の治療法


腎盂腎炎の治療としては、原因の細菌を特定し有効な抗生物質の投与が基本です。症状を抑えるために、抗菌剤、消炎鎮痛剤や漢方薬の服用も効果があるようです。

尿量の確保や発熱による衰弱・脱水の改善のために、輸液の点滴を行うこともあります。

治療中は安静と保温、十分な水分補給を行います。


早期で軽症の場合には、適切な抗生物質治療により1〜2週間で症状は改善されます。ただし、症状が治まっても医師の指示に従い完治するまで治療を続けることが大切です。


腎盂腎炎の再発を繰りかえすようなら、尿路の先天的な異常や尿路結石、悪性腫瘍、糖尿病など病気の可能性があるので、原因となっている病気の治療を行う必要があります。


腎盂腎炎の日常生活への注意


腎盂腎炎は女性に多い病気です。女性の場合は、身体の構造上、肛門と尿道口が近いために汚染されやすいのです。


腎盂腎炎の予防のために排泄の際には前から後ろへ拭くこと、性交後は尿道口周辺を清潔に保つためシャワーやビデで流すことを心がけましょう。


また、尿を我慢したり、排尿回数を減らすために水分をとるのを控えるのはよくありません。なるべく水分を多くとるように心がけましょう。子供はおしっこを我慢させないで、定期的にトイレへ行かせましょう。


冷え性の人は尿路感染を起こしやすいので、夏は冷房は控えめにし、なるべく体を冷やさないようにしましょう。





スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.