尿路結石予防には定期検診

尿路結石の予防や再発防止、早期発見のためは、定期的な検診を受けることです。

スポンサードリンク


尿路結石はその多くが原因が分からないために再発しやすい病気です。

尿路結石の予防や再発防止、早期発見のために必要なことは、これまで話してきた生活習慣や食生活を改善することと同時に定期的な検診を受けることです。

尿検査

尿路結石の検査法はまず、尿検査。
尿潜血反応で血尿の有無。尿沈査で結晶の有無を調べます。

精密検査

尿検査や問診で尿路結石の疑いがあるときには、精密検査を受けましょう。


超音波検査や腎膀胱部X線単純撮影で結石の陰影の有無を調べたり、造影剤によって結石の大きさや場所を調べる排泄性尿路造影の検査を行うこともあります。


尿路結石患者も高齢化傾向


尿路結石の患者さんは20〜30年前には20歳代がピークでしたが、最近は40歳代や50歳代が増え、高齢化の傾向にあります。


多くの生活習慣病と同じく、尿路結石も規則正しい食事と適度の運動、過度のストレスをうまく発散させることにあるようですね。






スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.