尿漏れ(尿失禁)改善・予防の日常生活対策

尿もれ(尿失禁)改善のための日常生活対策を紹介します。

スポンサードリンク


尿もれ(尿失禁)改善には、薬で治療する方法や、前回紹介した骨盤底筋体操などがありますが、日常生活対策も大切です。


肥満を防ぐ

体が太ると脂肪が膀胱や子宮を押し下げることになり、腹圧性尿失禁をおこしやすくなります。動くことで尿もれを起こしやすいと運動するのが怖くなり、太るという悪循環にもなります。尿漏れを防ぐためにも体重を落とすように気をつけましょう。

快便

便秘で大腸に便がたまると、骨盤底筋に負担をかけることになりゆるみの原因となります。すっきり快便!を目標に、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけましょう。

陰部を清潔にする

尿もれを起こしやすいと陰部の肌がかぶれることがあります。臭うといやだからと香りの強い洗浄剤で洗いすぎるのは逆効果。ぬるま湯で刺激の少ないせっけんを使い泡で軽く洗い清潔にしましょう。

適量の水分を摂る

尿もれがあると水分を控えがちになります。しかし適量の水分を摂ることは、体の中の老廃物や菌を流し出したり、尿や便をよい状態に保つために必要です。


1日の摂りたい水分の目安は1,000〜1,500ml。
コップ1杯の冷たすぎない水かぬるま湯を5〜6回飲むようにしましょう。


★★★★★
★★★★★
★★★★★



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.