むずむず脚症候群の患者数と年齢、性別の差

むずむず脚症候群は、特に年齢が高い人、40〜60歳の女性に多くみられる病気です.。

スポンサードリンク



日本人の睡眠病には、100種類以上の原因があると言われています。


そのうちで「むずむず脚症候群」を患っている人は約130万人。人口の5〜10%の割合で、10人〜20人に1人が悩んでいる病気なのです。


「むずむず脚症候群」は、特に年齢が高い人、40〜60歳の女性に多くみられる病気です。また、糖尿病や高血圧の人は、5人に1人と高確率で、発症しています。


その他、妊娠や鉄欠乏性貧血、肝炎、肺炎、尿毒症、痛風、慢性腎不全で人工透析をしている人にも多いのです。


ところが、「むずむず脚症候群」があまり注目されなかったのは、足がむずむずするくらいでは病院に行く人が少ないからでしょう。


睡眠不足は、糖尿病や高血圧を悪化させる可能性が高いので、糖尿病や高血圧の持病のある人は、まず、かかりつけの医師に、不眠の症状があることを話しましょう。


お近くの睡眠障害・不眠症専門外来に相談しましょう。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.