心不全の診断・検査・治療

心不全の診断に必要な検査について紹介。心不全は生活習慣病ですから、治療は生活習慣の改善が基本です。

スポンサードリンク


心不全とは、心臓がポンプとしての機能を果たせなくなった状態で、さまざまな心臓の病気が原因で起こります。

  心不全とは?原因と症状

ここでは、心不全の診断と検査、治療についてお話します。
 
 

心不全の診断・検査


 
1.全身の観察
 
 首の血管の張りぐあい、おなかや足のむくみ、肺の音などをチェック 
 
2.胸のレントゲン
 
 心臓の大きさや形をチェックします。心臓が大きくなったり、肺のうっ血がみつかることがあります。
 
3.心電図検査(12誘導心電図、ホルター心電図)
 
 心臓の壁が厚くなっていないか、狭心症や心筋梗塞がないか、不整脈がないかを調べます。
  
4.血液検査
 
 心室に負荷がかかると合成・分泌されるBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)という物質を測ります。重症度をみるためにも有用な検査です。
  
5.心臓核医学検査
 
 微量の放射性物質を投与して、運動負荷前後に造影をすることで、心臓の収縮機能をみたり、心筋の血流分布や虚血、梗塞などがないかをみます。
   
6.心臓超音波(心エコー)検査
 
 心臓の状態、とくに左心室の収縮機能をくわしく調べます。治療効果をみるときにもよく使われます。心不全の原因として心臓にどんな病気があるのかを調べます。
  
7.冠動脈造影・心室造影(心臓カテーテル)検査
 
 足のつけ根や腕の動脈から細い管(カテーテル)を入れて造影検査を行い、冠動脈に狭いところがないかや、心臓の機能を評価します。
 
 
 

心不全の治療


  
 ほとんどの心不全は長い時間をかけてだんだんと症状がすすみます。つまり、心不全は、治療によりその進行を少しでもおさえながら生涯つきあっていく病気です。
 
 生命予後の改善(より長く生きられるようにする)。 症状を改善し日常生活をより楽に快適に過ごせるようにする 。この2つを目標に、重症度に応じて段階的な治療が行われます。投薬、手術が、症状によって行われます。
 
 心不全は生活習慣病です。規則正しい生活と運動、睡眠、食生活によって、かならず予防できます。

★★★★
★★★★★
 

スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.