SAD(社会不安障害)の症状と防ぐ方法

SAD(社会不安障害)の症状と対処法について紹介

スポンサードリンク



SADとは社会不安障害のことで、赤面症、あがり症、対人恐怖症のような症状の病気。

SADを発症している人はなんと日本人の10人に1人とか!

症状がすすむと、うつ病やパニック障害を引き起こすこともあるそうです。


★過度の緊張やストレスで起こる主な身体の不調とは?

1.肩こり

緊張やストレスがあると首周りの血管が圧迫され、血行が悪くなります。
肩こりの症状が起こるだけでなく、悪化すれば、首の筋肉が固まる痙性斜頸になることも!

2.嘔吐

緊張すると脳の扁桃体が活発になり、消化器活動が低下して食欲が低下。
ひどくなれば嘔吐することもあります。
唾液の分泌を促すために、ガムなどを噛むのは効果的。

3.胃痛

4.ひん尿

ひん尿の正式な病名は過活動性膀胱。
緊張することで反射的に膀胱が収縮。
その結果、尿が溜まっていなくても尿意が起こります。
トイレが近いという不安で更に膀胱が収縮するという悪循環になります。


★SAD(社会不安障害)の症状を防ぐには?

世界一受けたい授業では紹介された、症状を防ぐ簡単な方法は、

目を瞑って腹式呼吸でより深く深呼吸をすること。
これを毎日寝る前に5分間行う。

これを続けることで、緊張を軽減する効果があるそうです。

★★★★
★★★★★
★★★★


スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.