かかりつけの婦人科医

かかりつけの婦人科医を持つことで、子宮や卵巣の病気の早期発見、早期治療につながります。

スポンサードリンク


かかりつけの婦人科医を持つことをお勧めします。


わかいひとは、これからの妊娠や出産のために子宮や卵巣の健康管理が大切。
30代から50代では,子宮の病気にかかりやすく、閉経前後には更年期障害が心配です。


年1回は、子宮がん検診を受けることで早期発見につながります。
かかりつけの婦人科医を持っているなら、体の変化にいち早く対応してもらえます。


私は近所の産婦人科で、子宮がん検診を受けていました。
健康診断で貧血が見つかった時、この婦人科で子宮筋腫を見つけていただきました。


前年には見つからなかった筋腫が急に大きくなっていること。
筋腫の場所が子宮口に近く、子宮全摘出手術を受けました。


婦人科医の受信は内心があるので抵抗があるひとがおおいですが、
内科や歯科などと同じようにかかりつけ医をもつことは大切です。


最近は、女医さんがいる病院やクリニックが多くなっていますので、
男性医師が気になる方は、気楽に相談できるのではないでしょうか・。


女医のいる産婦人科 全国病院・クリニック一覧



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.