肝臓病の様々な合併症

 肝臓の機能低下は身体に様々な影響を与えるため合併症を引き起こす

スポンサードリンク


肝臓は人体の化学工場といえるほど身体にとって重要な役割があります。

代謝機能、解毒作用、胆汁合成など。


だから、肝臓に障害が起きることで肝臓以外にも様々な合併症を引き起こすのです。


肝臓病で起こりやすい合併症

肝臓病で起こりやすい合併症の例を挙げてみると、


1.慢性肝炎

クリオグロブリン血症、

2.肝硬変

貧血、白血球・血小板減少症
糖尿病
腎機能障害
胆石
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍
食道静脈瘤
心筋障害・心臓病

2.脂肪肝

糖尿病

3.黄疸

腎不全


その他にも肝臓の機能低下が誘引となって起こる様々な病気があります。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.