肝臓病の合併症 糖尿病

 肝臓の機能が低下すると、血糖調節がうまく行かなくなり血糖値が上昇、糖尿病になる

スポンサードリンク


糖尿病は生活習慣病の一つで国民病と言われるくらい多くの患者がいます。


糖尿病の原因はインスリンの分泌異常や食べ過ぎ、肥満、ストレスなどですが、
肝臓病の合併症として糖尿病を引き起こすこともあるのです。


肝臓は、血糖調節をする大切な臓器です。


肝臓は、食事からブドウ糖の一部をグリコーゲンに変えて貯蔵する働きがあります。
空腹の時、血糖値が下がりそうになれば、グリコーゲンを分解して血液中に放出。
血糖値を維持してくれるのです。


肝臓の機能が低下すると、肝細胞のインスリンの働きに障害が出るので、
血糖調節がうまく行かなくなり血糖値が上昇し、糖尿病になるのです。


反対に、糖尿病になると、肝臓に大きな影響を与えます。


血糖値が高くなるため、脂肪酸が増加し、中性脂肪が多く作られるようになります。
余分な中性脂肪は肝臓に蓄えられるため、脂肪肝になるのです。


糖尿病と肝臓は密接な関係にあります。


糖尿病も肝臓機能低下も自覚症状はなく病気が進行していきます。
普段からの生活習慣と食生活に気をつけることが大切です。



スポンサードリンク

 

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.