下肢静脈瘤の予防法!脚のむくみを解消

脚のむくみはリンパの流れが良くない状態。むくみを解消して下肢静脈瘤を予防。

スポンサードリンク



下肢静脈瘤の症状の一つにむくみがある。

脚のむくみは、リンパ管に吸収される水分が血管内に止まっている状態。


★リンパマッサージで足のむくみの改善。


むくみは、静脈弁が壊れて生じる場合もあるが、静脈瘤の症状の1つと考えられる。

静脈とリンパ管はつながっているため、
リンパマッサージは静脈瘤の予防にも効果的。


足がむくんでる場合、


1.両手で膝の上から太ももの付け根の方向流すようにマッサージ。

2.足首から下膝水分を押し出すようにリンパマッサージ。


両手で上から下へ下から上へ水分押し慣らすようにマッサージ。
まず太もも、次に膝から下を流すのがコツ。


★足を高く上げてむくみを解消。


下肢静脈瘤を発症させたり悪化させたりする多くは、
たったまま同じ姿勢を長時間続けること。


長時間のたち仕事はできるだけ避けて
仕事中は1時間に5分から10分は足を休ませる。


心臓よりも高い位置にあげると、むくみが取れて静脈瘤予防につながる。

★足をあげて寝るとむくみに効果的。


むくみを解消したいときは、
クッションや二つ折りにした座布団の上に足を置いて寝ると症状の改善に効果的。


高さは30センチ程度と言われるが、個人差があるので、快適な高さがよい。


足の上げ方が悪いと逆に膝を悪くしてしまうことがあるので注意。

★深呼吸


深呼吸は深く息をすったり吐いたりするので、静脈の流れが活性化。


息を吸うと横隔膜が下がりお腹に圧力がかかる。
すると強まった圧力でお腹の静脈が押される白虎横隔膜が上がり、
お腹の圧力誤って静脈が流れる。
これを呼吸ポンプと言う。

深呼吸は静脈瘤のセルフケアに効果的。





スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.