インフルエンザの症状の特徴と潜伏期間

インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因の急な発熱を特徴とする呼吸器感染症で、潜伏期間が1〜3日と短く、38度以上の高熱など突然、症状が出るのが特徴です。

スポンサードリンク


我が家で3人も続けてインフルエンザに感染したのは初めてです。

私はまだインフルエンザに感染したことがないので予防のために、
通常の風邪とインフルエンザの違いについて調べてみました。


インフルエンザの症状の特徴


インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが原因の
急な発熱を特徴とする呼吸器感染症です。

発熱は通常の風邪よりもインフルエンザのほうが高く、
38度以上になる場合が多いです。

また、通常の風邪の症状と同じく頭痛・関節痛・筋肉痛・全身倦怠感などの全身症状に、
咽頭痛・咳・鼻汁などの症状が出ます。
ほとんどの場合、2日目、3日目をピークに約1週間で軽快しますが、
重症化した場合、脳炎・脳症などを起こすこともあります。

インフルエンザの特徴として、これらの症状が突然現れるという場合が殆どなのです。
通常の風邪の場合は、まずくしゃみや咳、また鼻水といった症状が現れてから全身症状が出てきます。

突然の高熱の場合にはインフルエンザを疑って、早急に受診し治療を受ける必要があります。

インフルエンザの潜伏期間


潜伏期間は感染してから症状が出るまでの期間です。
麻疹や水ぼうそうのように1週間から2週間のものもあれば、エイズのように10年以上のものもあります。

通常の風邪は2〜3日。インフルエンザの場合はもっと短く、1日〜3日で、中には24時間以内に症状が現れる事もあるようです。
しかも、インフルエンザウイルスは感染力が強いのです。これは驚きでした。

ですから、身近にインフルエンザにかかった方がいる場合は、感染しないように特に注意が必要です。

★★★★
★★★


スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.