貧血



貧血 症状、 貧血 食べ物、貧血 原因、貧血 食事、貧血検査、貧血の症状、貧血 治療、鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、脳貧血などについて。

貧血の食事での注意点は?

貧血の日常生活の注意点は食事です。貧血の種類によっては、鉄分や葉酸など、不足している栄養素をバランスよく補う必要があります。積極的に摂りたい栄養素について紹介します。



貧血は身体を温かく清潔に!

貧血は全身の酸素不足で新陳代謝が低下し低体温になり悪影響が出ます。体を温める方法で改善しましょう。体を清潔に保ち感染予防を心がけましょう。



貧血の日常生活の注意点とは?!

貧血の日常生活においても注意すべき点は、心臓に負担がかからないよう運動や仕事は無理のないようにし、脳貧血を予防しましょう。



不応性貧血は高齢者に多い?!

不応性貧血は、骨髄異形成症候群。MDSと略されています。男性の高齢者に多い貧血です。



悪性貧血はもう悪性ではない?!

悪性貧血は原因不明で致死的な貧血であったことから、悪性貧血と名づけらましたが、原因がビタミンB12、または、葉酸(ようさん)の吸収障害によって起こることがわかり治療できるようになりました。



喫煙は血中の葉酸濃度を低下させる?!

喫煙は細胞の葉酸代謝や保存能力を阻害し、血中の葉酸濃度を低下。 特に、妊婦の喫煙は妊娠・出産へ直接影響します



飲酒が葉酸の吸収を妨げる?!

葉酸欠乏が原因で大球性高色素性貧血」(巨赤芽球性貧血)になりますが、飲酒が葉酸の働きを低下させることがわかっています。



葉酸欠乏で貧血になる?!

葉酸とはビタミンB12と同じく、ビタミンB群のひとつで赤血球をつくり貧血を予防する働きがあります。葉酸の働き、葉酸を多く含む食品について。



ビタミンB12不足で貧血になる?!

大球性高色素性貧血(巨赤芽球性貧血)の原因にビタミンB12不足があります。ビタミンB12の働き、ビタミンB12不足の原因、葉酸との関係について。



大きな赤血球でも貧血になる?

大球性高色素性貧血は赤血球の大きさが大きくなり1つ1つに含まれる血色素量が増加しているが、赤血球数の減少が著しく、ヘモグロビン濃度が下がる貧血



再生不良性貧血の原因と症状

再生不良性貧血は骨髄が何らかの原因で低形成になり、血液中の赤血球、白血球、血小板のすべてが減少する造血器(骨髄)の病気です。再生不良性貧血の原因、症状について紹介します。



赤血球の大きさは変わらなくても数が減ると貧血に?

正球性正色素性貧血とは1つ1つの赤血球の大きさや含まれるヘモグロビンの量は通常とかわらないのに赤血球の数が減ったために起こった貧血。



MCV・MCHの低下は鉄欠乏性貧血

RBC・Hb・Htと、計算式(MCV・MCH・MCHC)によって血液中の赤血球の状態や機能・能力を推測できます。MCV・MCHが低いときは小球性低色素性貧血で代鉄欠乏性貧血の典型的な特徴です。



MCV・MCH・MCHCは赤血球の形状を特定する指数

MCV・MCH・MCHCは貧血の種類を特定するために赤血球の形状をみる指数。赤血球数・血色素(ヘモグロビン)量・ヘマトクリット値を使って計算。MCV・MCH・MCHCの基準値を紹介。



貧血の検査:ヘマトクリット値(Ht)

ヘマトクリット値(Ht)は血液全体に占める赤血球の割合(%)。基準値、異常で見られる病気について



貧血の検査 血色素量とは?

血色素(ヘモグロビン)は赤血球に含まれているたんぱくの一種で血の赤さの元です。ヘモグロビンが酸素を運ぶので血色素量を測定することで貧血かどうかを判断します。



貧血の検査:赤血球数とは?

貧血の検査:赤血球数(RBC)の定義と基準値、貧血や多血症など赤血球数異常で起こる病気について。



貧血と低血圧は違う?!

貧血と低血圧の違い。朝起きられない、めまいやたちくらみがするなど低血圧の症状と判断基準について。



貧血と脳貧血は別のもの

脳貧血は貧血と間違えられることがありますが、貧血ではなく起立性低血圧です。脳貧血の原因、貧血との違いについて。



貧血が肩こりの原因に?!

鉄欠乏貧血が肩こりや首や背中の痛み、頭痛やめまいの原因になっていることがあります。肩こりの原因、肩こりと貧血の関係について。



鉄欠乏性貧血の症状は?!

鉄欠乏性貧血の症状はめまい・立ちくらみ、疲れやすい・体がだるい、顔色が悪い・唇の色が悪いなどですが、自覚症状として感じない場合も多くあります。 



鉄欠乏の原因が激しいスポーツ

激しいスポーツによる「スポーツ貧血」も鉄欠乏性貧血です。激しいスポーツで鉄が欠乏する原因と対処法について。



思春期の鉄の需要増大が鉄欠乏の原因

鉄欠乏の原因が思春期の急速な成長で鉄の需要が増加する場合。10〜15歳ころの学童にみられる鉄欠乏性貧血について



鉄欠乏の原因は乳幼児期の需要増大

乳幼児期には鉄の需要が増大します。未熟児後期貧血が成長の盛んな生後3月頃から出現。母子ともに貧血になりやすいので注意。



鉄欠乏の原因は慢性的な出血

鉄欠乏性貧血の原因に慢性的な出血で鉄が失われることがあります。特に女性は生理、月経があるので鉄欠乏になりやすいです。



鉄欠乏の原因はゆで卵や乳製品の摂りすぎ

鉄欠乏貧血で鉄欠乏の原因は卵や乳製品の摂りすぎのこともあります。卵や乳製品が鉄の吸収を阻害する理由について。



鉄欠乏の原因はビタミンCを破壊するもの

鉄欠乏性貧血で鉄欠乏の原因のビタミンC破壊するものには、アスコルビナーゼ(ビタミンC破壊酵素)、タバコがあります。



鉄欠乏の原因は鉄の吸収を阻害するもの

鉄欠乏貧血は鉄の吸収を阻害するものを夕食後には摂らない。タンニンを含む茶やコーヒー、赤ワインなど



鉄欠乏には鉄の吸収率をアップ

鉄欠乏性貧血の改善には鉄の吸収力をアップする抗酸化力のあるビタミンCやクエン酸を含んだ食品を 食べましょう。



鉄欠乏の原因は鉄の吸収がうまくできていない

鉄欠乏の原因のひとつは小腸で鉄の吸収がうまくできていない場合です。吸収の良いヘム鉄を多く含む食品を摂りましょう。



鉄欠乏性貧血の原因は鉄摂取量の不足

鉄欠乏性貧血の原因はいろいろありますが、その一つが鉄摂取量の不足。若い女性、成長期の子供たちは気をつけましょう!



鉄欠乏性貧血の原因

鉄欠乏性貧血の原因は、赤血球中のヘモグロビンの重要な材料のひとつである鉄分が不足することで起こります。



貧血の原因

貧血の原因は鉄分の不足、赤血球の産生不足、異常な破壊の3つに分類できます。



貧血は身近な病気?!

貧血はよくある病気で軽視されがちですが、日常生活や仕事にも支障をきたす病気。必ず治療が必要です。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.