ひ臓の病気



ひ臓の位置、役割、脾臓の病気の原因、症状、治療法について

スポンサードリンク




脾臓の痛み

脾臓の痛みの原因 脾腫 背中の痛み 症状 診断について紹介 



脾腫の治療

脾腫の治療としては、まず、脾腫の原因となった病気がわかれば、その病気を治療します。しかし、貧血がひどかったり脾腫から出血がおきている場合などは、手術で脾臓を摘出することもあります。また、手術の代わりに、放射線療法を行って脾臓を小さくする方法がとられることもあります。



脾臓の病気「脾腫」

脾腫とは、何らかの原因によって脾臓が腫れて大きくなった状態ですが、脾臓自体の病気ではなく、他の病気の影響で起こります。脾腫を起こす原因の病気を特定し、適切な治療を行う必要があります。



脾臓の免疫機能とは?

脾臓の免疫機能としての役割について紹介します。、



脾臓は血液の貯蔵庫?!

脾臓には血液の赤血球や血小板を貯蔵しておく働きがあります。



脾臓で赤血球が造られる?!

脾臓には胎児の時に赤血球を造る、造血機能の働きがあります



脾臓の働き 老化した赤血球の破壊処理

脾臓が老化した赤血球の破壊処理する働きと課程を紹介。



脾臓という臓器

脾臓は目立たない臓器ですが、大切な役割があります。脾臓の位置、大きさ、形について紹介します。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.