腎臓・尿路の病気



腎臓や尿路の位置、役割、病気の原因、症状、治療法について

腎臓が突然ダメになる!腎不全で人工透析が急増中

ためしてガッテンによれば、腎不全で人工透析を受ける人が急増しているそうだ。人工透析とは?腎機能検査、クレアチニン検査、尿酸について。



尿漏れ(尿失禁)改善・予防の日常生活対策

尿もれ(尿失禁)改善のための日常生活対策を紹介します。



尿漏れ(尿失禁)の改善法

尿漏れ(尿失禁)を改善・予防する骨盤底筋体操の方法を紹介します。



尿漏れ(尿失禁)チェック

尿漏れ診断 症状レベルチェックシートで自分の尿漏れの症状をチェックしてみましょう



尿漏れ(尿失禁)の種類と症状

尿漏れ(尿失禁)には腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁があり、女性に多い症状です。



尿路結石予防には定期検診

尿路結石の予防や再発防止、早期発見のためは、定期的な検診を受けることです。



尿路結石予防に、野菜を食べよう

尿路結石予防にはマグネシウムや食物繊維を多く含む食品を摂りましょう



尿路結石の予防は動物性タンパク質や脂肪を控えめ

尿路結石の予防には食事はバランス良く、朝食と昼食はしっかり食べ、夕食はあっさりと動物性タンパク質や脂肪を控えめに!



尿路結石の予防に水分補給

尿路結石の予防や再発防止には水分補給が大切。アルコール、ビール、コーヒー、紅茶、ソフトドリンクを控えることについて紹介します。



尿路結石の治療

尿路結石の治療法は結石の場所や大きさや成分によっていろいろ異なります。尿路結石の主な治療法は保存療法と侵襲的療法です。



尿路結石の検査

尿路結石は早期発見が大切、でも、自覚症状がないことも多いので定期健診受けてチェックしましょう。尿路結石の疑いがあるときに受ける検査法について紹介します。



尿路結石の症状

尿路結石の自覚症状は疝痛発作と呼ばれる特徴的な激痛ですが、全く痛みのない(サイレントストーン・沈黙の石)や鈍い痛みしかないもあります。



尿路結石の主な成分はシュウ酸カルシウム

尿路結石の主な成分は約80%がシュウ酸カルシウムです。シュウ酸カルシウム結石の特徴と考えられる原因について。その他の尿路結石の成分について紹介します。



尿路結石の種類

尿路結石とは、腎臓から尿管、膀胱、尿道に至る尿路にできる結石で、尿に溶けているカルシウムやマグネシウム、尿酸、シュウ酸、リン酸などが石のように固まった状態です。



膀胱炎の治療と予防

膀胱炎の治療は細菌を殺す抗生物質や抗菌剤、漢方薬などが処方されます。安静やアルコール刺激物を取らないことなど注意点や膀胱炎の予防について紹介します。



膀胱炎の原因と症状

膀胱炎とは、尿路感染症で尿道口から大腸菌などの細菌が膀胱に侵入して起こる病気です。膀胱炎の原因と症状について紹介します。



腎盂腎炎の検査と治療

腎盂腎炎は細菌による感染症ですので、病院で検査して、原因菌を特定し、適切な治療を行います。腎盂腎炎の検査、治療法、日常の注意点について紹介します。



腎盂腎炎の原因と症状

腎盂腎炎は腎盂や腎臓自体に細菌が感染し炎症を起こす病気で、女性に多い病気です、腎盂腎炎の原因、症状について紹介します。



尿路感染症の原因

尿路感染症は尿路である腎臓や尿管、膀胱、尿道などが細菌などに感染し、炎症を起こした状態です。女性に多く高齢者や乳幼児も注意が必要です。



腎不全の症状と命の危険

 腎不全は腎機能が極端に低下、ろ過機能が低下して老廃物の排泄が十分にできなくなった状態



糖尿病性腎症が急増!

生活習慣や食生活の乱れで糖尿病や糖尿病予備軍が急増し、合併症の糖尿病性腎症は慢性腎炎とともに、腎不全で透析導入される原因のトップの病気です。



ネフローゼ症候群の症状と治療

ネフローゼ症候群の診断基準は4大症状である高タンパク尿、低タンパク血症、高脂血症、浮腫で定められています。ネフローゼ症候群の検査、薬物療法、食事療法について



ネフローゼ症候群の原因

ネフローゼはネフローゼ症候群が正しい名称で病気の名称ではなく、糸球体の異常を起こし血液中のタンパクが尿中に大量に漏れ出し血液中のタンパクが大量に不足する病気の総称です。



慢性腎炎の検査と治療

慢性腎炎はタンパク尿が1日1g以上かタンパク尿と血尿の両方があって高血圧が1年以上続いています。尿検査、血液検査を行い診断されます。慢性腎炎の薬物療法、食事療法について。



慢性腎炎の原因と症状

慢性腎炎はむくみ、血尿、たんぱく尿、高血圧などの症状が1年以上長期にわたって持続していて腎臓機能が低下している状態のことをいいます。自覚症状はあまりまりません。



急性腎炎の検査、治療、食事療法

急性腎炎は尿検査、血液検査、腎機能検査などを行い診断されます。急性腎炎の治療は入院して安静、薬物療法、食事療法を実施します。食事療法は高カロリー・低蛋白・減塩・水分制限が基本。



急性腎炎の原因と症状

急性腎炎とは腎臓の糸球体の急性炎症で急性糸球体腎炎とも言います。上気道の溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染義に発症することが多く、血尿、むくみ、高血圧が主な症状です。



尿の量をチェック

尿の量によっても健康状態や体調不良がわかります。尿量は多すぎても少なすぎてもダメです。尿量が多い(多尿)原因、尿量が少ない(乏尿)原因について。



尿の回数をチェック

尿の回数のチェックは腎臓や膀胱、尿路系の病気や精神性なトラブルを早期発見できます。頻尿の回数、原因、尿の回数が少ない場合について紹介。



尿の色と濁りをチェック

腎臓状態をみるために尿の色と濁りをチェックしましょう。健康な尿の色は淡黄色かむぎわら色で透き通っています。異常があるときは診察を受けましょう。



腎臓病の主な検査

腎臓病の主な検査は尿検査、X線検査、超音波検査、PSP検査、GFR検査、血清尿素窒素(BUN)、血清クレアチニン、腎生検などがあります。尿タンパク検査は家庭でも簡単にできます。



腎臓の異常を早期発見

腎臓は障害や機能が低下でも自覚症状があまりありません。腎臓病を放置すれば水分調整や血圧のコントロールもできなくなり悪循環が始まるので早期発見のために生活習慣の改善と検査が必要です。



腎臓の働き 内分泌機能

腎臓の内分泌機能はレニン、エリスロポチンなどを分泌して、血圧調整、赤血球の生産を促進、ビタミンDを活性化させカルシウムの沈着を促す働きがあります。



腎臓の働き 恒常性機能

腎臓の恒常性機能は、体の細胞の内外の液量や浸透圧、水素イオン濃度、電解質の組成などを一定に保つために、水分やナトリウム、カリウムといった電解質の再吸収量を調節する機能です。



腎臓の働き 排泄機能

腎臓の排泄機能は体に不要な窒素代謝産物(尿素窒素、尿酸、クレアチニンなど)、過剰の塩分、体に有害な薬物などを尿として体外に排出します。



腎臓の位置と大きさ

腎臓の位置は腰のあたりで左右に対。形はソラマメに似ていて、大きさは握りこぶしくらい。腎臓は排泄機能をもったネフロンの集合したもので血液中の余分な塩分や老廃物をろ過します。



糖尿病から人工透析?!

腎臓病と糖尿病の関係は合併症に糖尿病性腎症があり、人工透析の約4割。糖尿病、糖尿病予備軍の人は合併症を引き起こさないために治療、食事療法を行いましょう。



腎臓病と高血圧の関係は?

血圧が高いと動脈硬化となり腎臓に非常に大きな傷害をもたらします。糸球体硬化により腎臓病を引き起こし腎不全へと!高血圧の治療と塩分を摂りすぎない食生活をしましょう。



腎臓病チェック あなたの腎臓は大丈夫?!

腎臓病は、高血圧や糖尿病が原因の生活習慣病から引き起こされます。日本人の腎臓寿命が急激に短くなっていて、かくれ腎臓病が増加中。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.