高脂血症



高脂血症の原因、症状、治療法について

ツブツブ血液とは?

ドロドロ血液のうち、つぶつぶ血液とは赤血球変形能が低下した状態。高脂血症、つまり、悪玉コレステロールや中性脂肪が多いなど、動脈硬化も影響してます。



血液をさらさらにする食事の基本は?

血液をさらさらにする成分を含む8品目の食物の頭文字 『オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ 』でおぼえてください。



中性脂肪を測定するときの注意事項

中性脂肪を測定するときの注意事項は、血清中トリグリセリドは食事による影響が大きいので空腹時に測定しましょう。



中性脂肪が増えると、なぜLDLコレステロールが増える?

中性脂肪が増えるとLDLコレステロールが増えるのは、血液中のリポ蛋白のバランスが崩れ、脂質代謝がうまくいかなくなるためです。リポ蛋白の蘇生、働きについて開設します。



中性脂肪が増えすぎるとどうなるの? 

エネルギー源として使われる以外の中性脂肪は、体内に、皮下脂肪、内臓脂肪として蓄えられます。



中性脂肪とコレステロールの違いは?!

コレステロールは大部分が肝臓で作られ、細胞膜や副腎皮質ホルモンの材料、胆汁酸の材料になるもの。中性脂肪は食物として取る脂肪の大部分。エネルギー源として使われ、余分なものは肝臓や脂肪組織に蓄えられます。



LDL-コレステロール直接検査法とは?

計算式によるLDL-コレステロール値は中性脂肪の影響を受けるため、中性脂肪の高い人は誤差が出ました。そこで、LDL-コレステロール直接検査法が普及しつつあります。



悪玉(LDL)コレステロールはなぜ測定しない?

コレステロールの検査で、通常の血液検査で測定するのは、総コレステロールと「善玉」と呼ばれているHDLコレステロールです。悪玉コレステロールと呼ばれているLDLコレステロールは、通常の血液検査では、測定していませんが、計算によって求められます。



悪玉コレステロールには大切な役目

血液中に、LDLコレステロールが増えると、体の隅々に運ばれるコレステロールが増えて動脈硬化を促進するため、LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。



コレステロールと動脈硬化の密な関係?!

動脈硬化は、中高年になってから起こるものだと考えている人が多いのですが、実は、ゼロ歳の時点ですでに主な動脈に「硬化」の初期病変がみられます。コレステロールはこの動脈硬化を引き起こす最大の因子です。



コレステロール危険度チェック?!

日本人のコレステロール値は食生活の欧米化によって、年々高くなっています。コレステロール危険度チェック。あてはまる項目にチェックをしてみてください。



コレステロールとは

コレステロールはあまり良くないイメージがありますが、血液中だけでなく、脳や内臓、筋肉、脂肪細胞など全身に広く分布していて、細胞膜を維持するという役割を持っています。



笑ったら、血液さらさらになる?!

医学の分野でも笑いの効用の研究が進み、病気の予防や改善に役立つことが科学的にも証明されてきています。



中性脂肪を測るときの注意とポイントは?

中性脂肪の測定は食事、年齢、性別によっても、変動が大きいので注意が必要です。



中性脂肪が増えすぎるとどうなるの?

中性脂肪が増えすぎると体内に皮下脂肪、内臓脂肪として蓄えられるだけでなく、動脈硬化を起こします。



中性脂肪とコレステロールはどう違うの?

コレステロールと中性脂肪の成分の違い、働きのちがいについて紹介します。



コレステロールは体に悪いの?

コレステロールは健康な体を維持するには無くてはならないものです。その理由は?



高脂肪血症(高脂血症)はなぜ怖いの?

高脂肪血症(高脂血症)は血液中の脂肪が異常に増える病気で動脈硬化を起こします。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.