肥満・メタボリックシンドローム



肥満・メタボリックシンドロームの原因、症状、治療法について

肥満予防に歯磨き習慣?!

歯磨き習慣が肥満を予防することが統計からわかりました。食後の歯磨きを意識すると、自然に健康について意識が高くなるからと言われています。



肥満はストレス病?!

肥満の5大原因のうち、最も多いのはストレス太り。ストレスと自律神経、食欲の関係について。



なぜ?太るのか?

太る原因は摂取カロリーが消費カロリーを越えること。飢餓に備えて、余ったエネルギーは脂肪として蓄えられます。



体脂肪とは?

体脂肪は体のために蓄えられエネルギーの源で大切なものです。体脂肪が多すぎても少なすぎても、身体に障害をもたらします。



メタボ予防に目盛り付きトイレットペーパー 

メタボ予防に目盛りが付いたメジャー付きトイレットペーパーが販売されています。ちょっとしたまめ知識も掲載。



「メタボ」企業健保に照準!保険会社が続々参入

メタボに悩む中高年に対し、日本生命保険など大手保険会社が、予防・改善の支援サービスを活発化。



メタボ対策にアディポネクチン

メタボ対策にアディポネクチンは注目されています。メタボ診断基準。メタボ脱出目標について。



子供が危ない!メタボリックシンドローム

子供にメタボリックシンドロームが増えています。メタボリックシンドロームを防ぐには、子供の頃からの生活習慣と食生活が重要です。



メタボリックシンドロームを予防・改善する食事

メタボリックシンドロームの予防・改善は内臓脂肪を減らすことです。食生活を見直し規則正しい食事時間、食べ方、食事の内容について。



メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームはWHO、アメリカ、日本と診断基準が違います。おへそ周り(ウエスト周囲径、肥満、血液検査の異常などが基準になります。



メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームは代謝異常症候群ということ。糖代謝や脂肪代謝がうまく機能していない状態で肥満、動脈硬化、糖尿病などの症状がでます。



肥満度の目安 は?

肥満度の目安は、標準体重からをBMI指数を計算しましょう。



「肥満」には、2タイプ?

肥満には脂肪の付き方の違いで「内臓脂肪型」と「皮下脂肪型」があります。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.