尿検査



尿検査の種類、測定法、基準値、異常値の時に考えられる病気について

スポンサードリンク




尿沈査とは?

尿沈査とは尿の沈殿物を顕微鏡で見る診断法の腎機能検査。尿沈査は、尿たん白や尿潜血などの尿検査が異常値を示す場合に行われます。尿沈査の基準値,白血球,結晶,上皮細胞,細菌,赤血球数について。



尿潜血反応が陽性と出たら?

尿潜血反応が陽性(+)の時は血尿でなくても尿に赤血球が降りていることを示します。まず疑われるのは膀胱炎です。腎臓や膀胱のがんの可能性もあります。



尿潜血反応とは?

尿潜血とは腎臓や尿管、膀胱など尿の通り道となる臓器に異常があると尿の中にわずかに赤血球が混じること。尿の中に試験紙を入れて尿潜血を調べます。



尿ウロビリノーゲンとは?

古い赤血球は肝臓や脾臓で分解され、ヘモグロビンがビリルビンに変わり胆汁に混じって腸内に排泄されます。このビリルビンが腸内細菌によって分解されてできたものがウロビリノーゲン。



尿糖が陽性だったら?

尿にブドウ糖がでてくる場合が糖尿ですが、尿糖が陽性の場合は高血糖を伴う場合と高血糖を伴わない場合が考えられます。血糖とヘモグロビンA1Cの検査を受けましょう。



尿糖検査とは?

尿糖検査は尿の中のブドウ糖(グルコース)の有無を調べる、糖尿病のスクリーニング検査。定性検査は試験紙法。陽性の場合は糖尿病が疑われ再検査が必要です。



尿蛋白が陽性(+)と出たら?! 

尿中に排泄される蛋白量が異常に多いときに「尿蛋白が陽性(+)」となります。生理的蛋白尿、起立性蛋白尿、熱性蛋白尿とは?糖尿病でも尿蛋白が陽性になります。



尿蛋白検査とは?

尿蛋白検査は腎臓や尿管の障害や機能低下で血液中の蛋白が尿に漏れ出したのを測定する腎機能検査です。



1日に作られる原尿の量はドラム缶1本分も?!

腎臓で原尿が1日に作られる量は約180リットル。再吸収されて、1日に排せつされる尿量は成人で約1.5リットル。



健康な尿の色は?

健康な尿の色は、「淡黄色」か「むぎわら色」で透き通っています。



尿検査を受けるときの注意事項?!

健康診断や病院で尿検査を受けるときの注意、前日、当日の朝、採尿時、提出方法など。



尿検査とは?

尿検査は一般検査の基本的なもので、尿中の各種細胞、たんぱく、糖などによって身体の基本情報をさぐる検査です。



尿タンパクとは

尿タンパクは腎機能を調べる検査で正常なら陰性です。尿タンパクの増加で疑われる病気について。



尿タンパクはどんなときに増加?

尿中にタンパク質が出るのは、生理的な場合と病的な場合があります。



尿糖検査とは? 

尿糖は尿中のブドウ糖を調べる検査で、増加で糖尿病が疑われます。



尿糖はどんなときに増加?

尿糖の増加は糖尿病かもしれません。ブドウ糖負荷試験の精密検査を受けてその原因を判断します。しかし、糖尿病以外にも尿糖が増加する病気があります。



アセトン体とは?

アセトン体は糖尿病患者の管理が正しく行われているかどうかを知る検査で通常は検出されません。



尿ウロビリノゲン・尿ビリルビン

尿検査のウロビリノゲンとビリルビンは肝機能障害のスクリーニング検査



尿ウロビリノゲンと尿ビリルビンは?

尿ウロビリノゲンと尿ビリルビンは肝機能障害のスクリーニングを尿で簡易に調べることができる検査です。



尿潜血とは?

尿潜血は尿中の赤血球の有無を調べる検査で、試験紙法で陽性の場合は尿沈査で確認します。



尿沈査とは

尿沈査は顕微鏡強拡大(×400)の場合で判定されます。



尿沈査が多くなるのは?

尿沈査の増加は血球成分や細菌、細胞などが混じっている可能性が高いので泌尿器科を受診して精密検査をうけてほしい。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.