肝機能の検査



肝機能検査の種類、測定法、基準値、異常値の時に考えられる病気について

スポンサードリンク


★★ 食事だけで血圧が下がる!薬も運動も不要の食事法
高血圧下げる!一日5分簡単ストレッチ


肝臓の働きをサポートする成分や食べ物?!

肝臓の働きをサポートする成分や食べ物についてご紹介します。ミカン、紫サツマイモ、ウコン、ゴマ



ALP( アルカリフォスファターゼ)とは?!

ALP( アルカリフォスファターゼ)とは胆道系の病気の時に上昇する酵素で肝機能を調べる血液検査。ALPの基準値、高値が出たときに考えられる病気について紹介します。



ビリルビン値で黄疸がわかる?!

ビリルビンの検査は黄疸の程度を測るためのものです。



ChE(コリンエステラーゼ)とは?

コリンエステラーゼ(ChE)は、体内のコリンエステルをコリンと酢酸に分解する酵素で、肝臓で作られます。



LAP(ロイシンアミノペプチダーゼ) とは?!

LAP(ロイシンアミノペプチダーゼ) はロイシンなどのタンパク質分解酵素のひとつ。黄疸の鑑別や胆道閉塞を起こす病気の診断や経過に使われています。



LDH(乳酸脱水素酵素) とは?

LDH(乳酸脱水素酵素)は細胞内でブドウ糖からエネルギーを産生するために糖を分解する酵素で、臓器や組織に障害がおこったり壊死したりすると、血液中にLDHが増加します。



もう一つの血清蛋白検査(TTT、ZTT)とは?

血清蛋白検査の血清膠質(コロイド)反応(TTT、ZTT)は血清に試薬を加えてたんぱく質を凝固させて、その混濁の程度から肝臓の状態を測るものです 



A/G比って何?!

A/G比(アルブミン・グロブリン比)は血清蛋白分画、。A/G比は電気泳動法という方法で行われます



血清総蛋白(TP)とは?

血清総蛋白(TP)とは、血清中に含まれる蛋白の総称です。



γ-GTPが基準値を越えたら?

γ-GTPの基準値が100以下であれば、節酒あるいは禁酒することで正常な基準値にもどりますが、100〜200で脂肪肝が進行、200以上では胆石や胆道癌などで胆道がつまっている可能性が!



γ(ガンマ)-GTP お酒の好きな人は注意が必要

お酒の飲みすぎで肝臓が悪くなると、γ-GTPという酵素の値が高くなります。



GOT・GPTの値を比較する

GOT・GPTは肝臓の細胞が今壊れているかどうかを示す検査で、検査値を比較することで、 病気の種類を推測することができます。



GOT(AST)、GPT(ALT):肝機能検査

肝機能検査の肝細胞の障害の程度を調べる代表的な検査としては、GOT(AST)、GPT(ALT)の2つがあります。



血液生化学検査とは?

血液を遠心分離器にかけると下に有形成分(血球)が沈みその上に液体成分(血清)が分離します。上の血清成分の内容を調べるのが、血液生化学検査です。



γ−GTPとアルコール性肝障害の関係

γ−GTPは肝臓などの細胞の膜にある酵素で、アルコールや種々の肝臓の病気で合成が高まります。



チモール混濁試験(TTT)とは

チモール混濁試験〔TTT〕はZTT(硫酸亜鉛混濁試験)と組み合わせて行い、主に肝機能を調べる検査。



GOT(AST) GPT(ALT)とは?

GOT、GPTは肝臓機能を調べる検査。GOT、GPTの増え方や割合によって病気の診断に役立ちます。



血清アルブミン[Al]とは?

血清アルブミンは肝臓で合成される蛋白で、栄養状態を示す重要な指標です。



血清総蛋白〔TP〕とは?

血清中にはアルブミン、免疫グロブリン他およそ80種類の蛋白があり、総蛋白を測定することで蛋白の合成、分解、消費、漏出の異常を調べます。



血中尿素窒素(BUN)

血中尿素窒素(BUN)が上昇するのはどこかの臓器に損傷がある事を示しています。臓器の特定は5種類のアイソザイムでわかります。



硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)とは?

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)は肝機能検査の一つで、γグロブリンの増加を調べます。γグロブリンが増加する肝硬変などの判定に用いられます。



直接ビリルビンとは?

直接ビリルビンが高ければ黄疸です。顔が黄色の時、黄疸かどうかを決めるのに役立ちます。



間接ビリルビンとは?

ビリルビンはヘム蛋白が処理されて生成される物質で、間接ビリルビンは体内での生成過剰、肝臓での抱合異常により増加します。



アルカリフォスファターゼ(ALP)とは?

アルカリフォスファターゼ(ALP)は、肝障害、胆道閉塞、胆道結石、胆道癌などや、骨の病気(骨成長、骨肉腫など)、腸の病気(潰瘍性大腸炎など)で増加します。



ロイシンアミノペプチダーゼ 〔LAP〕 とは?

ロイシンアミノペプチダーゼ〔LAP〕はペプチドのN末端を切ってロイシンまたは他のアミノ酸を遊離します酵素で、肝・胆道などの閉塞状態を知る検査です。



コリンエステラーゼ [ChE] とは?

血清中のコリンエステラーゼ(ChE)は、肝で合成され、血液中に分泌され肝臓での蛋白合成能力を反映しています。肝臓がどのくらい働いているかを示す検査です。




Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.